読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトコトじっくり煮込んだ日帝♪第二回デモ

8月4日に第二回のデモを行いましたので報告します!

 

突然の雨のなか、参加した皆様お疲れ様でした。

今回は、御射山公園→四条烏丸四条河原町→三条河原町→三条大橋というコースを歩きました。

日曜日の四条通りはかなり人が多くて、たくさん注目を集められたように思います♪

 

また、今回はビラも配布しましたよ。

じっくり読んでみてください♪↓ 

f:id:kotokotonittei:20130806154327j:plainf:id:kotokotonittei:20130806154321j:plain

 

 雨に打たれて、紙製横断幕がボロボロに…(しかし、これはこれでいい味出てる)

 

 今度は布製を目指したい…!↓

f:id:kotokotonittei:20130806150413j:plain

 

あと、プラカードは前回からリニューアルしてます♪↓

f:id:kotokotonittei:20130806150304j:plainf:id:kotokotonittei:20130806150004j:plain

f:id:kotokotonittei:20130806150322j:plainf:id:kotokotonittei:20130806150347j:plain

f:id:kotokotonittei:20130806150359j:plainf:id:kotokotonittei:20130806150404j:plain

 

f:id:kotokotonittei:20130806150411j:plainf:id:kotokotonittei:20130806150414j:plain

f:id:kotokotonittei:20130806150423j:plain

 以上、報告でした!

 

(ビラ本文:表)

日本にほん朝鮮民主主義人民共和国ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくへの敵視政策てきしせいさくをやめなければならない

 

 日本政府にほんせいふは「拉致問題らちもんだい」や「ミサイル」、「核問題かくもんだい」などを口実こうじつに、朝鮮ちょうせんたいして「圧力あつりょく」にもとづく強硬政策きょうこうせいさくこうじる一方いっぽう国内こくないでは総連そうれん在日ざいにち朝鮮人ちょうせんじんたいする弾圧だんあつ強化きょうかしてきた。

 2006年以降(いこう)在日朝鮮人(ざいにちちょうせんじん)にとっての祖国往来船(そこくおうらいせん)万景峰(まんぎょんぼん)92」(ごう)入港禁止(にゅうこうきんし)など、一連(いちれん)の「対北朝鮮制裁措置(たいきたちょうせんせいさいそち)」を発動(はつどう)し、総連関連機関(そうれんかんれんきかん)にして「(ほう)厳格適用(げんかくてきよう)」という権力(けんりょく)暴走(ぼうそう)をもって、強制捜査(きょうせいそうさ)(おこな)ってきた。朝鮮学校(ちょうせんがっこう)(かよ)(もの)たちに(たい)する「高校無償化(こうこうむしょうか)制度(せいど)からの除外(じょがい)、および地方自治(ちほうじちたい)からの補助金凍結(ほじょきんとうけつ)についても、朝鮮本国(ちょうせんほんごく)および朝鮮総連(ちょうせんそうれん)との関係(かんけい)をもって正当化(せいとうか)されている。

そのような(なか)札幌市(さっぽろし)朝鮮学校(ちょうせんがっこう)への補助金(ほじょきん)継続(けいぞく)決定(けってい)した(さい)に、上田市長(うえだしちょう)以下(いか)のように()べている。

どもと大人おとな政治せいじ世界せかいとはけてかんがえるべきであるというふうにわたしおもいます」

 今日(こんにち)状況(じょうきょう)では札幌市(さっぽろし)のように差別(さべつ)をしないという()たり(まえ)判断(はんだん)をくだすだけでも批判(ひはん)(あらし)(さら)される(なか)勇気(ゆうき)ある決断(けつだん)とも(ひょう)することもできるかもしれない。しかし、ここで(わたし)たちが()わなければならないのは「()どもたちは関係(かんけい)ない」ではなく、日本(にほん)対朝鮮敵視政策(たいちょうせんてきしせいさく)がそもそも間違(まちが)っているということなのである。総連(そうれん)への弾圧(だんあつ)仕方(しかた)ないが朝鮮学校(ちょうせんがっこう)()どもたちに(つみ)はない、などというような状況(じょうきょう)(ゆる)してはならないのである。日本(にほん)対朝鮮敵視政策(たいちょうせんてきしせいさく)は「拉致問題(らちもんだい)」や「ミサイル」、「核問題(かくもんだい)」に(はじ)まるのではなく、その歴史(れきし)戦後(せんご)()もない(ころ)にまで(さかのぼ)る。

1940年代(ねんだい)在日朝鮮人(ざいにちちょうせんじん)自力(じりき)(つく)りあげた全国(ぜんこく)朝鮮学校(ちょうせんがっこう)(たい)して1948(ねん)朝鮮学校閉鎖令(ちょうせんがっこうへいされい)によって閉鎖(へいさ)()()み、さらに翌年(よくとし)には朝鮮学校(ちょうせんがっこう)運営(うんえい)(にな)っていた、総連(そうれん)前身(ぜんしん)である在日本朝鮮人連盟(ざいにちほんちょうせんじんれんめい)強制解散(きょうせいかいさん)させその資産(しさん)(うば)った。1950年代(ねんだい)朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)では朝鮮特需(ちょうせんとくじゅ)という経済的好機(けいざいてきこうき)見出(みいだ)すに(とど)まらず、現在(げんざい)陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)となる保安隊(ほあんたい)(のち)改組(かいそ)される警察予備隊(けいさつよびたい)創設(そうせつ)という日本(にほん)再軍備(さいぐんびか)足掛(あしが)かりにした。1960年代(ねんだい)朴正煕独裁政権下(ぱくちょんひどくさいせいけんか)大韓民国(だいかんみんこく)とのみ日韓条約(にっかんじょうやく)(1965)を(むす)び、植民地支配責任(しょくみんちしはいせきにん)戦後補償問題(せんごほしょうもんだい)をうやむやにする(かたち)国交(こっこう)樹立(じゅりつ)することで朝鮮(ちょうせん)自主的平和的統一(じしゅてきへいわてきとういつ)阻害(そがい)し、以降現在(いこうげんざい)にまで(いた)る。

 日本(にほん)朝鮮民族(ちょうせんみんぞく)分断(ぶんだん)加担(かたん)することに(おのれ)利益(りえき)見出(みいだ)してきたのである。日本(にほん)にとって朝鮮(ちょうせん)敵視(てきし)すべき理由(りゆう)、その本質(ほんしつ)とは、(ふたた)戦争(せんそう)できる(くに)づくり、軍備拡張(ぐんびかくちょう)正当化(せいとうか)するために「仮想敵国(かそうてきこく)」が必要(ひつよう)であること、そして朝鮮民族(ちょうせんみんぞく)分断(ぶんだん)維持(いじ)することで植民地支配責任(しょくみんちしはいせきにん)放棄(ほうき)することなのである。日本(にほん)対朝鮮敵視政策(たいちょうせんてきしせいさく)において在日朝鮮人(ざいにちちょうせんじん)を「人質(ひとじち)」として(あつか)うことは(ゆる)されない。しかし、その非道(ひどう)さに()()られて「国家間(こっかかん)のことは仕方(しかた)ない」、「()どもたちだけは(ゆる)してくれ」などという態度(たいど)一切(いっさい)()るべきではない。朝鮮(ちょうせん)への敵視政策(てきしせいさく)そのものを日本(にほん)にやめさせるべく抵抗(ていこう)しなければならない。

 

コトコトじっくり煮込(にこ)んだ日帝(にってい)

 

(ビラ本文:裏)

無償化(むしょうか)除外(じょがい)だけじゃない、朝鮮学校(ちょうせんがっこう)への差別(さべつ)弾圧(だんあつ)

 近年(きんねん)長年(ながねん)にわたる運動(うんどう)成果(せいか)であった、各自治体(かくじちたい)からの補助金(ほじょきん)次々(つぎつぎ)廃止(はいし)されています。元々学校扱もともとがっこうあつかいされず、定期券ていきけんには学割がくわり適用てきようされず、中体連高体連ちゅうたいれんこうたいれんには加盟かめいできず、大学受験資格だいがくじゅけんしかくもなかったころもどっていくかのようです。寄付きふささえようにも朝鮮学校ちょうせんがっこうへの寄付金きふきん税金控除ぜいきんこうじょ対象たいしょうになりません。

 

朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)への弾圧(だんあつ)反対(はんたい)

2002(ねん)拉致(らち)問題(もんだい)発覚(はっかく)から朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)共和(きょうわ)(こく)事実上(じじつじょう)の「大使館(たいしかん)」となる、各地(かくち)朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)対する(たいする)固定(こてい)資産税(しさんぜい)減免(げんめん)()()され、また2007(ねん)には、差別的(さべつてき)な「(ほう)厳格(げんかく)適応(てきおう)」により「車庫(しゃこ)飛ばし(とばし)」という微罪(びざい)容疑(ようぎ)で100(にん)もの警察官(けいさつかん)滋賀(しが)朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)家宅(かたく)捜索(そうさく)し、事件(じけん)関係(かんけい)のない書類(しょるい)まで押収(おうしゅう)しました。

 

経済けいざい制裁せいさいやめろ!再入国さいにゅうこく許可きょか制度せいど廃止はいししろ!入管にゅうかん解体かいたいしろ!

 

日本(にほん)単独(たんどく)でも朝鮮(ちょうせん)対して(たいして)経済(けいざい)制裁(せいさい)」を行える(おこなえる)よう法律(ほうりつ)をわざわざ制定(せいてい)し、「万景峰(まんぎょんぼん)92」(ごう)入港(にゅうこう)禁止(きんし)朝鮮(ちょうせん)との輸出入(ゆしゅつにゅう)全面(ぜんめん)禁止(きんし)以降(いこう)修学(しゅうがく)旅行生(りょこうせい)土産(みやげ)ですら没収(ぼっしゅう))したり、朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)議長(ぎちょう)(とど)まらず明確(めいかく)理由(りゆう)もなく副議長(ふくぎちょう)までもが再入国(さいにゅうこく)(きん)じられているなどの移動(いどう)権利(けんり)剥奪(はくだつ)しています。