読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当(ほんとう)に「レイシスト」をしばけるの???-ルビつき-③

a)は「プラカ(たい)」の活動(かつどう)初日(しょにち)()えて木野(きの)()所感(しょかん)であるが、木野(きの)()らの活動(かつどう)在特会(ざいとくかい)会長(かいちょう)である「桜井(さくらい)(まこと)にダメージを(あた)」ることが目的(もくてき)であるのだろうか?植民地(しょくみんち)支配(しはい)歴史(れきし)()らずとも「普通(ふつう)のひと」の「普通(ふつう)良心(りょうしん)」をちょっと勇気(ゆうき)()して()りまけばヘイトデモに反対(はんたい)できるというメッセージが()められているのだろうが、これは日本(にほん)のレイシズムの元凶(げんきょう)()わせずにヘイトデモ<だけ>に反対(はんたい)しようという()びかけ効果(こうか)()むものである。これがレイシズムそのものを結局(けっきょく)維持(いじ)するもの、つまり(はん)レイシズム運動(うんどう)(いた)らないのは(b)および(c)から(あき)らかであるように(おも)われる。

b)(c)は(ちょう)(せん)(がっ)(こう)(かよ)う者に対する(たいする)高校(こうこう)無償化(むしょうか)排除(はいじょ)への賛同者(さんどうしゃ)大阪(おおさか)コリアタウンがある鶴橋(つるはし)におけるヘイトデモをやめさせるためのネット署名(しょめい)展開(てんかい)した(さい)に、批判(ひはん)がなされたことに(たい)する野間(のま)()見解(けんかい)である。野間(のま)()自身(じしん)、これに署名(しょめい)しているが、ヘイトデモに反対(はんたい)という一点(いってん)での協力(きょうりょく)(しめ)しただけであり、()びかけ(にん)()(しん)のレイシズムについては放置(ほうち)することを選択(せんたく)している。

d)もまた、このカウンター行動(こうどう)特徴(とくちょう)をよく(あらわ)している。在特会(ざいとくかい)対峙(たいじ)する勢力(せいりょく)さえ(おお)きくなるならば、その中身(なかみ)がレイシズム政策(せいさく)支持(しじ)しようと()わない宣言(せんげん)しているようなものである。

 

日本(にほん)のレイシズムは、(むかし)(いま)も、朝鮮人(ちょうせんじん)(とく)にその標的(ひょうてき)としているが、今日(きょう)朝鮮人(ちょうせんじん)への差別(さべつ)日本(にほん)による朝鮮(ちょうせん)植民地(しょくみんち)支配(しはい)責任(せきにん)放置(ほうち)されたまま、戦後(せんご)冷戦構造(れいせんこうぞう)のもと一貫(いっかん)した朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)人民(じんみん)共和(きょうわ)(こく)(たい)する(てき)()(せい)(さく)一環(いっかん)として日本(にほん)国内(こくない)朝鮮人(ちょうせんじん)弾圧(だんあつ)してきた歴史的(れきしてき)構造化(こうぞうか)された差別(さべつ)である。彼ら(かれら)にとって「行動(こうどう)する保守(ほしゅ)」のヘイトデモが(こと)更に(さらに)眼前(がんぜん)暴力(ぼうりょく)」として(ほか)よりも優先(ゆうせん)されるべきと判断(はんだん)されるのも、結局(けっきょく)彼ら(かれら)にとって目立(めだ)つパフォーマンスだったということに()きるのではないだろうか。「眼前(がんぜん)暴力(ぼうりょく)とそれ以外(いがい)」という()()()(たい)暴力(ぼうりょく)()ける(とう)事者(じしゃ)にとっては暴力的(ぼうりょくてき)であることに自覚的(じかくてき)であるべきである。このようなレイシズムの矮小化(わいしょうか)批判(ひはん)されるのに(たい)して(かれ)合言葉(あいことば)は「お(まえ)(なに)をやっている」であり、つまりは、自分(じぶん)たちはコストを()いて(こう)(どう)()こしているのだから、批判(ひはん)する(もの)もそれに()()った(こう)(どう)()たしているべき、ないし提示(ていじ)すべきであるということであろう。しかし(かれ)らがいかにコストを()いてヘイトデモに対峙(たいじ)しようと、その過程(かてい)でカウンター行動(こうどう)内部(ないぶ)(かか)えるレイシズムは「しばき」の対象(たいしょう)にならないのであれば、この運動(うんどう)結局(けきょく)のところは日本(にほん)のレイシズムを維持(いじ)するために(とく)醜悪(しゅうあく)()()在特会(ざいとくかい)スケープゴートとして(たた)いているに()ぎない(ひょう)さざるを()ない。