読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当(ほんとう)に「レイシスト」をしばけるの???-ルビつき-⑤

おわりに

つまり(かれ)()びかけているのは(はん)ヘイトデモではあっても、(はん)レイシズムではないのであるが、一方(いっぽう)木野(きの)()は「(わたし)排外(はいがい)主義(しゅぎ)反対(はんたい)しているのであって、桜井(さくらい)在特会(ざいとくかい)特別(とくべつ)非難(ひなん)したいわけではありません」、「「排外(はいがい)主義(しゅぎ)」という思想(しそう)(たい)して(こう)()をしたい」などと主張(しゅちょう)している。こうして反排外(はんはいがい)主義(しゅぎ)(はん)レイシズム看板(かんばん)だけ(おお)きく(かか)実際(じっさい)には諸々(もろもろ)のレイシズムによる暴力(ぼうりょく)許容(きょよう)()えなくさせることで(はん)レイシズム(うん)(どう)(ぜん)(たい)後退(こうたい)危機(きき)(おちい)っていくことを(わたし)危惧(きぐ)する。

 

 

では、(わたし)たち(なに)をするべきだろうか?これは批判(ひはん)するのに()たっての「資格(しかく)」を()ためではなく(そんな「資格(しかく)」など(だれ)必要(ひつよう)としない)、(わたし)たち(はん)レイシズム運動(うんどう)()べき姿(すがた)()(もど)さなければならないのだ。在特会(ざいとくかい)反対(はんたい)するなど、どんな理由(りゆう)でも可能(かのう)である。(かれ)主張(しゅちょう)内容(ないよう)そのものではなくパフォーマンスが「やり()」として反対(はんたい)することだって可能(かのう)である。しかしそれは(はん)レイシズムではない。排外(はいがい)デモへのカウンターという形態(けいたい)ではそもそも限界(げんかい)がある(それならそれで「(はん)ヘイトデモ」とでも看板(かんばん)()えれば(べつ)問題(もんだい)はないと(わたし)自身(じしん)(おも)が、もちろんプライドやら昂揚感(こうようかん)はお(あず)ですよ)。(わたし)たち必要(ひつよう)なのは在特会(ざいとくかい)のカウンターではなくて、むしろ在特会(ざいとくかい)(ほう)がカウンターに()われて(しん)大久保(おおくぼ)鶴嘴(つるはし)でヘイトデモを(つづ)ける()(ゆう)がなくなるほどの、(はん)レイシズム運動(うんどう)()()けていく必要(ひつよう)があるのではなかろうか。