読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「サヨク(さよく)」が在特会(ざいとっかい)を生(う)んだのか?

はじめに、在特会(ざいとっかい)2007(ねん)12(がつ)始動(しどう)し、09(ねん)京都(きょうと)第一(だいいち)初級(しょきゅう)学校(がっこう)襲撃(しゅうげき)し、11(ねん)朝鮮(ちょうせん)大学前(だいがくまえ)で「朝鮮人(ちょうせんじん)を殺しに来た(きた)」などと叫び(さけび)、いたるところで民族(みんぞく)差別(さべつ)暴力(ぼうりょく)繰り返す(くりかえす)ような活動(かつどう)をしている。では、在特会(ざいとっかい)がこのように台頭(たいとう)してしまった背景(はいけい)一体(いったい)なんであったのか。それを論考(ろんこう)するにあたって、しばき(たい)中心(ちゅうしん)人物(じんぶつ)である野間(のま)易通(えきとおる)()以下(いか)のように発言(はつげん)している。

 

@kdxn 慰安婦(いあんふ)にしろ南京(なんきん)にしろ「在日(ざいにち)特権(とっけん)」にしろ拉致(らち)問題(もんだい)にしろ、全部(ぜんぶ)口実(こうじつ)にすぎないんだから表層(ひょうそう)だよね。歴史(れきし)認識(にんしき)問題(もんだい)ネトウヨ(ねとうよ)勢いづいた(いきおいづいた)ことの片棒(かたぼう)担いだ(かついだ)のは、間違いなく(まちがいなく)ネトサヨ(ねとさよ)。』(https://twitter.com/kdxn/status/319783193324687360)

 

 

在特会(ざいとっかい)誰彼(だれかれ)かまわず浴びせる(あびせる)反日(はんにち)サヨク(さよく)」という罵声(ばせい)はほとんどの場合(ばあい)的外れ(まとはずれ)なものだけど、実際(じっさい)にはごく少数(しょうすう)()画化(がか)された「反日(はんにち)サヨク(さよく)」そのまんまのやつが存在(そんざい)するんだよ。米津(よねつ)篤八(とくや)とかを筆頭(ひっとう)に。在特会(ざいとっかいてき)なものはそのウンター(かうんたー)として()まれている。』(https://twitter.com/kdxn/status/307339954139328512)

 

 ここで、野間(のま)()在特会(ざいとっかいてき)なものは「反日(はんにち)サヨク(さよく)」「ネトサヨ(ねとさよ)」によって生まれた(うまれた)断言(だんげん)している(在特会(ざいとっかい)(てき)なものとは(なに)指して(さして)いるのか分からない(わからない)在特会(ざいとっかい)含まれて(ふくまれて)いると考えて(かんがえて)妥当(だとう)であると(おも)われるので、ここでは在特会(ざいとくかい)のみに焦点(しょうてん)をあてる)。また、ここで反日(はんにち)サヨク(さよく)」「ネトサヨ(ねとさよ)」(以後(いご)ヘサヨ(へさよ)多用(たよう)している)については、

 @houseportceo ここで言ういうサヨクさよく」とは、右翼うよくとつきあいのある人間にんげんがこんな行動こうどうをしても無駄むだだとか、植民地しょくみんち主義しゅぎ反対はんたい理念りねんがないと無意味むいみだとか、必死ひっしナンクセなんくせをつけて妨害ぼうがいをしようとしている自称じしょうリベラルりべらる人々ひとびとです。ここ2〜3にちずっとやってますね。』

 (https://twitter.com/kdxn/status/298754817860460546)

(にっ)(てい)がどうの、植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)がどうのと頭でっかちあたまでっかちのうわずった寝言ねごとばかり言いいい協力者きょうりょくしゃ足蹴あしげにして誹謗ひぼう中傷ちゅうしょうし、日本人にほんじん大衆たいしゅう蔑んでさげすんでばかりいたから、だれもおまえらに共鳴きょうめいしなかった。クソくそ左翼さよく袋小路ふくろこうじをそのまま体現たいげんしてたわい。今さらいまさら偉そうえらそう憤っていきどおってせるな。@ANTIFAchegewalt(https://twitter.com/kdxn/status/339382388381601792)

 

 

 

上述(じょうじゅつ)しているような、()たとえば「植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)」がどうのこうのというサヨク(さよく)()という認識(にんしき)であると考えて(かんがえて)間違いない(まちがいない)(おも)う。

 

では、実際(じっさい)在特会(ざいとっかい)生まれた(うまれた)のは(かれ)言う(いう)サヨク(さよく)」に原因(げんいん)があるのだろうか。一応(いちおう)在特会(ざいとっかい)HPに掲載(けいさい)されている在特会(ざいとっかい)概要(がいよう)(http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/speech.html)では、

 

 

 

在日(ざいにち)特権(とっけん)問題(もんだい)突き詰めれば(つきつめれば)(せん)()六〇(ねん)以上(いじょう)自虐(じぎゃく)史観(しかん)基づく(もとづく)極左(きょくさ)思想(しそう)蔓延(まんえん)生み出した(うみだした)日本(にほん)絶対(ぜったい)(あく)とみなす加害者(かがいしゃ)史観(しかん)という病的(びょうてき)妄想(もうそう)たどり着きます(たどりつきます)
日本(にほん)全て(すべて)悪い(わるい)のだから、在日(ざいにち)のいうことを()いてあげよう」
訴える(うったえる)狂気(きょうき)としか思えない(おもえない)極左(きょくさ)思想(しそう)排除(はいじょ)し、冷静(れいせい)歴史(れきし)振り返り(ふりかえり)日本(にほん)過去(かこ)歴史(れきし)において何ら(なんら)として朝鮮(ちょうせん)(あたま)()げるいわれなどないことを周知(しゅうち)していかなければなりません。
 日本(にほん)国民(こくみん)不必要(ふひつよう)罪悪感(ざいあくかん)払拭(ふっしょく)できたときが、朝鮮(ちょうせん)問題(もんだい)在日(ざいにち)特権(とっけん)問題(もんだい)解決(かいけつ)する第一歩(だいいちほ)となるのではないでしょうか。

 

 

 

()いてある。たしかに、在特会(ざいとっかい)自身(じしん)、「自虐(じぎゃく)史観(しかん)」に基づく(もとづく)極左(きょくさ)思想(しそう)」の蔓延(まんえん)加害者(かがいしゃ)史観(しかん)」という病的(びょうてき)妄想(もうそう)()みだし、日本(にほん)国民(こくみん)不必要(ふひつよう)罪悪感(ざいあくかん)払拭(ふっしょく)が「朝鮮(ちょうせん)問題(もんだい)在日(ざいにち)特権(とっけん)問題(もんだい)」への解決(かいけつ)第一歩(だいいちほ)であると()べている。が、ここで在特会(ざいとっかい)述べて(のべて)いる「極左(きょくさ)思想(しそう)」とは、日本(にほん)朝鮮(ちょうせん)(わる)いことをした」と少し(すこし)でも思う(おもう)ような思想(しそう)(ですらないか)であり、野間(のま)()いう「反日(はんにち)サヨク(さよく)」とは明らか(あきらか)(ちが)う。

 

 

 

繰り返す(くりかえす)が、野間(のま)()は「歴史(れきし)認識(にんしき)問題(もんだい)ネトウヨ(ねとうよ)勢いづいた(いきおいづいた)ことの片棒(かたぼう)担いだ(かついだ)のは、違いなく(まちがいなく)ネトサヨ(ねとさよ)」「在特会(ざいとっかいてき)なものはそのウンター(かうんたー)として生まれて(うまれて)いる」と述べて(のべて)おり、「サヨク(さよく)」のことは「植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)反対(はんたい)理念(りねん)がないと無意味(むいみ)だとか、必死(ひっし)ナンクセ(なんくせ)をつけて」「(にっ)(てい)がどうの、植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)がどうのと頭でっかち(あたまでっかち)のうわずった寝言(ねごと)ばかり()い」としている。では、仮に(かりに)一万歩(いちまんほ)譲って(ゆずって)そのような「サヨク(さよく)」が「植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)」どうこういうことによって在特会(ざいとっかい)台頭(たいとう)したとしてもそもそも日本(にほん)による侵略(しんりゃく)戦争(せんそう)植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)批判(ひはん)することが排外(はいがい)主義(しゅぎ)台頭(たいとう)につながっていること自体(じたい)がおかしいのではないだろうか。それはやはり、戦後(せんご)日本(にほん)自ら(みずから)行った(おこなった)侵略(しんりゃく)戦争(せんそう)植民地(しょくみんち)支配(しはい)一切(いっさい)反省(はんせい)することなく、率先(そっせん)して歴史(れきし)修正(しゅうせい)言説(げんせつ)(とな)えていること。天皇制(てんのうせい)維持(いじ)し、日の丸(ひのまる)君が代(きみがよ)国旗(こっき)国歌(こっか)としていること。政府(せいふ)警察(けいさつ)一体(いったい)となりながら朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)弾圧(だんあつ)経済(けいざい)制裁(せいさい)(など)朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)人民(じんみん)共和(きょうわ)(こく)対して(たいして)敵視(てきし)政策(せいさく)をとり、無年金(むねんきん)問題(もんだい)()げればきりがないほどの朝鮮人(ちょうせんじん)個人(こじん)狙い撃ち(ねらいうち)など朝鮮人(ちょうせんじん)対して(たいして)差別(さべつ)弾圧(だんあつ)ふるい続けて(ふるいつづけて)いること民間(みんかん)日本人(にほんじん)による朝鮮人(ちょうせんじん)(たい)する就職(しゅうしょく)差別(さべつ)通名(つうめい)強制(きょうせい)住居(じゅうきょ)拒否(きょひ)(とう)差別(さべつ)政府(せいふ)によるそれらの放置(ほうち)助長(じょちょう)マスコミ(ますこみ)による「北朝鮮(きたちょうせん)バッシング(ばっしんぐ)」などの偏向(へんこう)報道(ほうどう)そして多く(おおく)の「普通(ふつう)日本人(にほんじん)がそのような政府(せいふ)日本(にほん)あり方(ありかた)支持(しじ)し、日常的(にちじょうてき)意識的(いしきてき)無意識的(むいしきてき)差別(さべつ)をしている。そのように100(ねん)以上(いじょう)にわたって日本(にほん)における植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)がいまだに継続(けいぞく)しているからこそ「植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)」を批判(ひはん)する(もの)が「極左(きょくさ)」とし避けられ(さけられ)日本(にほん)全体(ぜんたい)歴史(れきし)修正(しゅうせい)主義(しゅぎ)排外(はいがい)主義(しゅぎ)レイシズム(れいしずむ)途切(とぎ)れることなく当然(とうぜん)のように蔓延って(はびこって)いる。そのような状況(じょうきょう)からこそ在特会(ざいとっかい)台頭(たいとう)したのである

さらに、在特会(ざいとっかい)台頭(たいとう)関して(かんして)、「日本(にほん)社会(しゃかい)閉塞感(へいそくかん)」であったり、「格差(かくさ)(いま)まで(いじょう)拡大(かくだい)し」といった、「貧困(ひんこん)がもたらしている」という指摘(してき)見受けられる(みうけられる)。たしかにそれも(いち)要因(よういん)になりうるだろうが、そうだとしても(いち)要因(よういん)にすぎない(また、「貧困(ひんこん)」と「民族(みんぞく)差別(さべつ)」を安易(あんい)結びつける(むすびつける)ことは新た(あらた)差別(さべつ)をも生み出す(うみだす)ことに(つな)がる)。たとえ貧困(ひんこん)」や「閉塞感(へいそくかん)」が(いち)要因(よういん)だとしても、その「貧困(ひんこん)」や「閉塞感(へいそくかん)」に対する(たいする)矛先(ほこさき)がなぜ、政府(せいふ)富裕者(ふゆうしゃ)(など)向かわず(むかわず)朝鮮人(ちょうせんじん)対して(たいして)()いているのか。やはりそれは先ほど(さきほど)指摘(してき)しているように、政府(せいふ)マスコミ(ますこみ)(とう)含む(ふくむ)日本(にほん)全体(ぜんたい)植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)朝鮮(ちょうせん)対する(たいする)レイシズム(れいしずむ)克服(こくふく)できてないからであり、克服(こくふく)するつもりもないからである。在特会(ざいとっかい)決して(けっして)異端(いたん)」なものでなく、(にほん)全体(ぜんたい)日本(にほん)植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)レイシズム(れいしずむ)問わない(とわない)(なか)普通(ふつう)日本人(にほんじん)」が街頭(がいとう)出て(でて)きただけの(はなし)であって、だからこそ、「サヨク(さよく)」の言う(いう)ように日本(にほん)植民地(しょくみんち)支配(しはい)()わなければいけないのではないのではないか。にもかかわらず、しばき(たい)では敷居(しきい)」をさげるために、「サヨク(さよく)言う(いう)ような言説(げんせつ)嫌い(きらい)ながら(というよりも積極的(せっきょくてき)否定(ひてい)しながら)在特会(ざいとっかい)対して(たいして)ウンター(かうんたー)活動(かつどう)をしているが、それ()わないまま、在特会(ざいとっかい)仮に(かりに)つぶしたとしても「新た(あらた)在特会(ざいとっかい)」が()てくるだけだろうし、「異常(いじょう)な」極右(きょくう)と「サヨク(さよく)」を排除(はいじょ)した、いまだに続く(つづく)日本(にほん)による植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)を「支持(しじ)」する「普通(ふつう)日本人(にほんじん)」が生きやすい(いきやすい)総右(そうう)ニッポン(にっぽん)」になるのではないだろう