読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/3 コトコト座(すわ)り込(こ)み報告(ほうこく)♪

 11(がつ)()(にち))に京都(きょうと)()(じょう)河原町(かわまち)マルイ(まえ)にて朝鮮(ちょうせん)への敵視(てきし)政策(せいさく)反対(はんたい)する座り込み(すわりこみ)署名(しょめい)集め(あつめ)をしました。この場所(ばしょ)では9(がつ)にも座り込み(すわりこみ)をしていたので、せっかくの京都(きょうと)での行動(こうどう)ということもあり(べつ)観光地(かんこうち)(でっかい鳥居(とりい)のある某所(ぼうしょ))で座り込み(すわりこみ)しようともともと計画(けいかく)していたのですが、あいにくの(あめ)となったため今回(こんかい)屋根(やね)のついている繁華街(はんかがい)となりました。

 内容(ないよう)としては9(がつ)行った(おこなった)座り込み(すわりこみ)から特に(とくに)更新(こうしん)はありません(9(がつ)報告(ほうこく)はこちらhttp://kotokotonittei.hatenadiary.jp/entry/2013/09/12/004345 )。朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)歴史(れきし)からみる朝鮮(ちょうせん)(じん)差別(さべつ)年表(ねんぴょう)にまとめたもの、朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)関係(かんけい)施設(しせつ)への弾圧(だんあつ)についての(ひょう)朝鮮(ちょうせん)への「制裁(せいさい)措置(そち)変遷(へんせん)をまとめたもの、これらを並べる(ならべる)だけで青空(あおぞら)展示会(てんじかい)チックになります(見上げて(みあげ)もどんより(くも)でしたが)。展示(てんじ)以外(いがい)では朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)生徒(せいと)(たい)する「高校(こうこう)無償(むしょう)()制度(せいど)適用(てきよう)求める(もとめる)署名(しょめい)集め(あつめ)ました。

f:id:kotokotonittei:20131103125342j:plain

 

 

 

(こんなかんじー)

 13()からはじめてしばらくは(あめ)弱く(よわく)、それほど()になりませんでしたが、どんどんしっかりと降り出す(ふりだす)()降り注ぐ(ふりそそぐ)のが()になり、屋根(やね)でよりしっかりカバーしてもらおうと少しずつ(すこし)(みち)真ん中(まんなか)目指して(めざして)前進(ぜんしん)していったりしました。

f:id:kotokotonittei:20131103130201j:plain

背中(せなか)ぴったりだったのが)

f:id:kotokotonittei:20131103162825j:plain

(じわじわと前進(ぜんしん)

 天候(てんこう)には恵まれませ(めぐ)んでした()結構(けっこう)いろんなひとにじっくり読んで(よんで)もらえました

 

 このように平和(へいわ)(すわ)()ていましたが18()ごろでしょうか、警官(けいかん)がひとりこちらをじろじろ()ているのに()づきました。無視(むし)していましたが、仲間(なかま)()れて「許可(きょか)をとっているのか」と()いてきました。()っていないと(こた)えると、「許可(きょか)なしではできないから許可(きょか)()れ」と(げん)ってきました。それは(なに)によって()められているのかという質問(しつもん)(たい)しては「法律(ほうりつ)だ」、(なん)法律(ほうりつ)かという質問(しつもん)(たい)しては「道路(どうろ)交通法(こうつうほう)だ」、道路(どうろ)交通法(こうつうほう)(なん)(じょう)かという質問(しつもん)(たい)しては「そこまで(おぼ)えていない」でした。どの法律(ほうりつ)のなんという文言(もんごん)によって命令(めいれい)されているのか()からないものに従う(したがう)ことはできない(むね)(つた)えると、「(いま)この()では()えないが(しょ)まで()れば(おし)えてやるから責任者(せきにんしゃ)来い(こい)」などと()ってくるので、権力(けんりょく)発動(はつどう)している警官(けいかん)のほうがこちらまで根拠(こんきょ)となる法律(ほうりつ)文言(もんごん)調(しら)べて()るべきであると主張(しゅちょう)し、ついていくことを拒否(きょひ)しました。警官(けいかん)らは(しょ)人間(にんげん)確認(かくにん)するためとり込み(すわりこみ)現場(げんば)写真(しゃしん)勝手(かって)()り、いったんその()から(すこ)(はな)れ、(だれ)かとなにか交信(こうしん)しているようでした。20分後(ぷんご)くらいでしょうか、仲間(なかま)あわせて5(めい)警官(けいかん)(ふたた)びこちらへやってきました。「道路(どうろ)交通法(こうつうほう)の76(じょう)()められている」という説明(せつめい)がありましたが、具体(ぐたい)(てき)文言(もんごん)(もと)めてもハッキリとした返答(へんとう)はなく、「道路(どうろ)使用(しよう)には許可(きょか)がいる」と繰り返す(くりかえす)ばかりでした。ちなみに76(じょう)道路(どうろ)における禁止(きんし)行為(こうい)について(さだ)めたものであり、道路(どうろ)使用(しよう)許可(きょか)については77(じょう)において(さだ)められています。そして76(じょう)についても具体(ぐたい)(てき)(わたし)たちの行為(こうい)がどのように違反(いはん)しているのか客観(きゃっかん)(てき)規準(きじゅん)によって説明(せつめい)がなされたとはいえないものでした。(たし)かに(わたし)たちはマルイ(まえ)敷地(しきち)(のぞ)いた(みち)半分(はんぶん)(ちか)くを使(つか)って座り(すわり)()()でいましたが、交通(こうつう)(さまた)げられていた事実(じじつ)はありませんでした。警官(けいかん)も「(いま)交通(こうつう)妨害(ぼうがい)にはなっていないが」とみずからの(くち)でそう(かた)っていたのですから。実態(じったい)として(なに)問題(もんだい)になっているのかについて押し(おし)問答(もんどう)(つづ)いていましたが、(つい)には「110(ばん)通報(つうほう)があったから()たんだ」と、最初(さいしょ)(わたし)たちに(ちか)づいてきてから(すで)に40(ぷん)経過(けいか)したころになって「理由(りゆう)」を()してくるという有様(ありさま)でした。結局(けっきょく)(わたし)たちと「これ以上(いじょう)(はなし)をしてもラチがあかない」ということで、「とにかく許可(きょか)をとるように、これは警告(けいこく)だ」と()(のこ)して、ようやく()()りました。このとき時計(とけい)は18()50(ぷん)()しており、当初(とうしょ)は19()まで座り込む(すわりこむ)予定(よてい)でしたが「警告(けいこく)」が()された以上(いじょう)座り込み(すわりこみ)(つづ)けると逮捕(たいほ)される可能(かのう)(せい)(おお)きくなったとみて、10(ぶん)(はや)切り上げ(きりあげ)撤収(てっしゅう)しました。

 警察(けいさつ)(わたし)たちの活動(かつどう)を「邪魔(じゃま)する()はない」、「(せい)(せい)(どう)(どう)やったらいい」、「無償(むしょう)()どんどんやったらいい」などと理解者(りかいしゃ)ぶっていましたが、最初(さいしょ)(ちか)づいてきた時点(じてん)大変(たいへん)邪魔(じゃま)であり、(わたし)たちは最初(さいしょ)から道端(みちばた)座り(すわり)()()でみずからを(さら)しながら(どう)(どう)とやっていましたし、「無償(むしょう)()どんどんやったらいい」とかマジで「お(まえ)一言(ひとこと)(くち)(ひら)くな」です。

 

 と最後(さいご)(いか)りのボルテージがちょいと()がってしまいましたが、基本(きほん)(てき)(おだ)やかに座り(すわり)()()できましたよ。

f:id:kotokotonittei:20131103165215j:plain

雑巾(ぞうきん)がけ大好(だいす)きだピュ~~♪)

 

 

コトコトじっくり()()んだ(にっ)(てい)♪(レのはちぶおんぷ)