読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナショナリズムは反(はん)レイシズム運動(うんどう)にとって資源(しげん)になるのか?

1.日の丸(ひのまる)()かせる(もの)

 

(とう)ブログの過去(かこ)記事(きじ)でも簡単(かんたん)()れたが、在特会(ざいとくかい)などの排外(はいがい)デモに(たい)する「カウンター」と(しょう)する運動(うんどう)(なか)にはナショナリズムを(あお)るような言説(げんせつ)が利用(りよう)されてきた (http://kotokotonittei.hatenadiary.jp/entry/2013/08/01/181751 )

 

 

 

noiehoie@noiehoie

 

煮干(にぼ)しと昆布(こんぶ)で出汁(だし)をとったラーメン」なんて素敵(すてき)なものがあるこの(くに)に、レイシズムは似合(にあ)わんのよね。ラーメンみたいにいろんなもんが一緒(いっしょ)()ってるのが(あた)たり(まえ)なんだから。

 

posted at 15:05:50

 

 

 

Kino Toshiki @Kino_Toshiki

 

自分(じぶん)保守(ほしゅ)(みぎ)だと(おも)っているが在特会(ざいとくかい)みたいなレイシズムは(だい)(きら)いだ、あんなもの愛国(あいこく)じゃねえ!!」って(じん)#反韓(はんかん)デモに(たい)する意思(いし)表示(ひょうじ)に来てくれ!ガンガン()てくれ!日本(にほん)民族(みんぞく)(ほこ)りに(おも)うんなら、他民族(たみんぞく)(おな)じように尊重(そんちょう)するよな?そうだろ? posted at 02:08:37

 

Kino Toshiki @Kino_Toshiki

 

日の丸(ひのまる)(かか)げて民族(みんぞく)差別(さべつ)...最悪(さいあく)ね。RT @andore1002 (だま)偽善者(ぎぜんしゃ)! RT @kagakunoumi: 人種(じんしゅ)()って「()き」か「(きら)い」か()めることは、どちらにせよ差別(さべつ)であり、下品(げひん)行為(こうい)ですね。日の丸(ひのまる)をアイコンにくっつけるなら品格(ひんかく)()ちなさい。@orchid0730 posted at 19:54:58

 

野間(のま)易通(やすみち)@kdxn

 

ナショナル・プライドはレイシズム抑制(よくせい)有用(ゆうよう)概念(がいねん)です。RT @yanegon: その場合(ばあい)の「日本(にほん)(じん)として(はじ)ずかしい」は、まさしく「日本(にほん)(じん)として」の「(はじ)」を回避(かいひ)したいあまりに、自分(じぶん)たちを告発(こくはつ)する他者(たしゃ)視線(しせん)無化(むか)しようとして恥知(はじし)らずにいたる歴史(れきし)修正(しゅうせい)主義者(しゅぎしゃ)と、どれほどの距離(きょり)がposted at 09:59:56

 

 

 

そして(げん)に、新大久保(しんおおくぼ)鶴橋(つるはし)における「カウンター行動(こうどう)においても、こういう言説(げんせつ)沿()って「日本(にほん)(はじ)」、「それ(しん)愛国(あいこく)ちゃう」、「日本(にほん)国旗(こっき)が()いている」といった文言(もんごん)がプラカードにも記載(きさい)されて(もち)いられているようであり、そうした手法(しゅほう)が運動(うんどう)の「敷居(しきい)」を()げるものとして歓迎(かんげい)もされているようである(ここで使(つか)う「敷居(しきい)」は辞書(じしょ)(てき)意味(いみ)ではなく「ハードル」に(ちか)意味(いみ))。これらの言説(げんせつ)は、 在特会(ざいとくかい)らを(おとし)めてくじけさせようとする(てん)目的(もくてき)()いている(てん)では「知恵(ちえ)(おく)れ」や「ヘイト(ぶた)」、「イナカモン」などど(おな)じ使(つか)われ(かた)だと()えよう(http://kotokotonittei.hatenadiary.jp/entry/2013/08/01/181751) 排外(はいがい)デモという行為(こうい)それ自体(じたい)を「(わる)い」ものとして反対(はんたい)するのではなく、相手(あいて)をくじく「効果(こうか)」を優先(ゆうせん)する(あま)り、差別(さべつ)反対(はんたい)するのではなく、むしろ根強(ねづよ)差別(さべつ)意識(いしき)(うった)える方法(ほうほう)、スティグマを再生産(さいせいさん) 付与(ふよ)することを積極的(せっきょくてき)(おこな)っているのである。つまりここでは<(しん)愛国(あいこく)>失敗(しっぱい)した<日の丸(ひのまる)()かせる(もの)>として断罪(だんざい)されているのである。

 

2.日の丸(ひのまる)が()かせる(もの)「カウンター行動(こうどう)におけるこれらの言説(げんせつ)によってまるで<(しん)愛国(あいこく)(しゃ)>()をめぐる正統性(せいとうせい)あらそいが()きているようであるが、(たと)えば「日の丸(ひのまる)」ひとつとってみても現実(げんじつ)は「日の丸(ひのまる)」によって()かされている。99(ねん)日の丸(ひのまる)および君が代(きみがよ)が国旗(こっき)国歌(こっか)として制定(せいてい)されて以降(いこう)法律(ほうりつ)には罰則(ばっそく)規定 (きてい )はないものの、条例(じょうれい)規則(きそく)をもって式典(しきてん)において「日の丸(ひのまる)」に()かって起立(きりつ)し「君が代(きみがよ)」を斉唱(せいしょう)る、いわゆる起立(きりつ)斉唱(せいしょう)が強要(きょうよう)されこれに拒否(きょひ)した(もの)たちが(ばっ)せられるという事件(じけん)相次(あいつ)いで()こっている。日本(にほん)愛国(あいこく)とは、過去(かこ)侵略(しんりゃく)植民地(しょくみんち)支配(しはい)象徴(しょうちょう)抵抗(ていこう)する(もの)たちを弾圧(だんあつ)してきたのであり、日本(にほん)加害(かがい)歴史(れきし)について自虐史観(じぎゃくしかん)として日本(にほん)(ぐん)(せい)奴隷(どれい)はじめ数々(かずかず)戦争犯罪(せんそうはんざい)行為(こうい)否認(ひにん)する歴史(れきし)修正(しゅうせい)主義(しゅぎ)日本(にほん)愛国(あいこく)なのである。しかし、()えて強調(きょうちょう)するならば「愛国(あいこく)」の中身(なかみ)が大事(だいじ)なのではない。いったん「愛国(あいこく)」であることが(ただ)しいとされてしまえば、その中身(なかみ)などいつでも都合(つごう)よく(ころ)がされ()る。(なに)が「愛国(あいこく)」であるのか、(だれ)が「愛国(あいこく)(しゃ)」で(だれ)が「反日(はんにち)」「非国民(ひこくみん)」「売国奴(ばいこくど)」であるか、その(せん)()行為(こうい)が国民(こくみん)国家(こっか)所与(しょよ)とした「国民(こくみん)」の占有物(せんゆうぶつ)として(すで)特権(とっけん)(てき)なのである。たとえ(かり)に「(しん)愛国(あいこく)(もの)」が「多文化(たぶんか)共生(きょうせい)」をうそぶいてみたところで、そこで(もと)められるのは日本(にほん)文化(ぶんか)をより(ゆた)かにする「()隣人(りんじん)」としての行儀(ぎょうぎ)のよい(きゃく)でしかない。そこでは中心(ちゅうしん)としての日本(にほん)が揺るがされてはならないのである。しかも、(すく)なくとも現状(げんじょう)において日本(にほん)の「愛国(あいこく)」とは権力(けんりょく)への隷属(れいぞく)状態(じょうたい)であり、国家(こっか)による差別(さべつ)(ささ)えるもの以外(いがい)のなにものでもない。朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)教育(きょういく)はしばしば「反日(はんにち)」と形容(けいよう)され、それをもって公的(こうてき)保障(ほしょう)されるべきでないという論調(ろんちょう)(つよ)い。教育(きょういく)内容(ないよう)がたとえ 日本(にほん)社会(しゃかい)のお()()したところで、「反日(はんにち)」の朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)、「反日(はんにち)」の朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)人民(じんみん)共和国(きょうわこく)(なに)らかの(つな)がりがあると(みと)められれば、それをもって差別(さべつ)(てき)処遇(しょぐう)が正当化(せいとうか)される。「国民(こくみん)/都道府県民(とどうふけんみん)/市民(しみん)理解(りかい)」が()られないと朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)は「高校(こうこう)無償化(むしょうか)」から排除(はいじょ)され(つづ)け、地方(ちほう)自治体(じちたい)補助金(ほじょきん)()()られていく。()()らない相手(あいて)を「反日(はんにち)」と形容(けいよう)してしまえば差別(さべつ)(ゆる)されるとするのが現実(げんじつ)日本(にほん)であり、日本(にほん)愛国(あいこく)なのである。朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)人民(じんみん)共和国(きょうわこく)が、朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)が、朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)民族(みんぞく)教育(きょういく)が、いかなる意味(いみ)で「反日(はんにち)」なのかについては往々(おうおう)にして悪意(あくい)()ちた偏見(へんけん)によって扇情的(せんじょうてき)(かた)られるが、その核心(かくしん)が日本(にほん)加害(かがい)責任(せきにん)()(つづ)けることにあることを(わす)れてはならない。排外(はいがい)デモ参加者(さんかしゃ)日の丸(ひのまる)()いてなどいない。日の丸(ひのまる)相応(ふさわ)しく立派(りっぱ)にはためいている。いたって「(ただ)しい」使(つか)われ(かた)をしているのだ。

 

3.本当(ほんとう)に「敷居(しきい)」は()げられたのか

 

日本(にほん)(はじ)」や「(しん)愛国(あいこく)ちゃう」とうメッセージは()()えれば「(しん)日本(にほん)(じん)日本(にほん)社会(しゃかい)日本(にほん)国家(こっか)ならば民族(みんぞく)差別(さべつ)などしない」というものであり、これはあの新大久保(しんおおくぼ)鶴橋(つるはし)などで ()こる朝鮮(ちょうせん)(じん)(たい)する排外(はいがい)デモを日本(にほん)社会(しゃかい)におけるイレギュラーなものとして他者(たしゃ)()し、 例外(れいがい)(あつか)いとしてしまうものである。これでは日本(にほん)国家(こっか)による朝鮮(ちょうせん)(じん)差別(さべつ)についてそれをやめさせるという責任(せきにん)放置(ほうち)され、排外(はいがい)デモ参加者(さんかしゃ)(たい)してすらもカウンター行動(こうどう)<(うつく)しい日本(にほん)>として演出(えんしゅつ)するための材料(ざいりょう)として(たた)くばかりで責任(せきにん)追及(ついきゅう)には(いた)らない。(たん)に「カウンター参加者(さんかしゃ)が排外(はいがい)デモに対峙(たいじ)しているという「民族(みんぞく)差別(さべつ)(ゆる)さない日本(にほん)」の()をとにかく(つく)りだし、見栄(みば)えの(わる)い、(くさ)いものに(ふた)をして隠蔽(いんぺい)し、排外(はいがい)デモを()()す、そもそも差別的(さべつてき)日本(にほん)社会(しゃかい)免責(めんせき)したいという欲望(よくぼう)が垣間見(かいまみ)えるようである。ナショナリズムを(あお)れば運動(うんどう)敷居(しきい)()げると()う。なるほど、「カウンター活動(かつどう)参加(さんか)するものは(たし)かに(おお)くなったのだろう。しかしこれは「(だれ)もが参加(さんか)しやすい」という意味(いみ)での運動(うんどう)敷居(しきい)が()がったのではなく、(たん)日本(にほん)(じん)のマジョリティにとって居心地(いごこち)がよくなっただけである。そしてそれは実際(じっさい)には在特会(ざいとくかい)()()した<在特(ざいとく)社会(しゃかい)>である日本(にほん)社会(しゃかい)そのものの差別(さべつ)性に()()(たたか)(もの)たちにとっての参加(さんか)敷居(しきい)をむしろ()げてしまったのではないだろうか。この「カウンター」の手法(しゅほう)()(かぎ)り、朝鮮(ちょうせん)(じん)差別(さべつ)なき(しん)日本(にほん)」の演出(えんしゅつ)、「日本(にほん)国益(こくえき)」の増進(ぞうしん)のために、(なに)文句(もんく)()わずに、むしろずっと排外(はいがい)デモの標的(ひょうてき)であり(つづ)けてもらわねばならず、その主体性(しゅたいせい)が()(かえ)(うば)われ(つづ)ける。()げられたのは「(はん)差別(さべつ)(はん)レイシズム」運動(うんどう)敷居(しきい)ではなく、運動(うんどう)が目指(めざ)すべき理想(りそう)である。いや、(たん)妥協的(だきょうてき)次元(じげん)ではなく、より巧妙(こうみょう)朝鮮(ちょうせん)(じん)周縁化(しゅうえんか)日本(にほん)(じん)中心(ちゅうしん)主義(しゅぎ)在特(ざいとく)社会(しゃかい)維持(いじ)強化(きょうか)したのであるであるから180度転回(どてんかい)させてしまったというほうが正確(せいかく)かもしれない。

 

 

 

4.まとめ

 

結局(けっきょく)、ナショナリズムを(もち)いた「(はん)差別(さべつ)(はん)レイシズム」運動(うんどう)によって(つく)()されたのは、排外(はいがい)デモに反対(はんたい)するだけで「(はん)差別(さべつ)」の称号(しょうごう)()られる(つもりの)普通(ふつう)日本(にほん)(じん)が「(しん)愛国(あいこく)(しゃ)正統性(せいとうせい)争い」、「国益(こくえき)増進(ぞうしん)競争(きょうそう)」を()(ひろ)げ、その(まわ)りに文句(もんく)()わない朝鮮(ちょうせん)(じん)(したが)えているという構図(こうず)であった。日本(にほん)民族(みんぞく)差別(さべつ)標的(ひょうてき)とされる(もの)は、それら「競争(きょうそう)」の燃料(ねんりょう)としてのみ、存在(そんざい)が(ゆる)されるのである。そして、そこで同時(どうじ)(しょう)じるのが、 排外(はいがい)デモに「は」反対(はんたい)表明(ひょうめい)する、「(しん)日本(にほん)(じん)」「(しん)愛国(あいこく)(もの)(目指(めざ)すもの)としての、右翼(うよく)勢力(せいりょく)進出(しんしゅつ)増長(ぞうちょう)である。民族(みんぞく)差別(さべつ)元締(もとじめ)=日本(にほん)政府(せいふ)への責任(せきにん)追及(ついきゅう)などはなおさらありえない。「運動(うんどう)敷居(しきい)」とうそぶきながら、「(はん)差別(さべつ)(はん)レイシズム」が目指(めざ)すべき(さき)(うしな)わせている。(たと)えば、東京(とうきょう)大行進(だいこうしん)(かん)しての(はなし)だが、朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)無償化(むしょうか)除外(じょがい)いうレイシズム政策(せいさく)反対(はんたい)するかどうかなど、政治(せいじ)(てき)()()きのカードのひとつでしかなかった(https://twitter.com/kdxn/statuses/356193517472718849)。「日本(にほん)(じん)による(はん)差別(さべつ)(はん)レイシズム!」の外面(がいめん)だけが(ととの)えられる一方(いっぽう)日本(にほん)政府(せいふ)着々(ちゃくちゃく)民族(みんぞく)差別(さべつ)弾圧(だんあつ)(すす)めることができるのである。このように、ナショナリズムを(もち)いる手法(しゅほう)によって「(はん)差別(さべつ)(はん)レイシズム」を実現(じつげん)することは、不可能(ふかのう)かつ有害(ゆうがい)であり、根本(こんぽん)から間違(まちが)っている。いくら一瞬(いっしゅん)味方(みかた)()えたとしても(だま)されてはいけないし、絶対(ぜったい)(くみ)してはいけないのである。