読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「にこんでみました。」のだいほん

「にこんでみました。」のだいほんです。

 

今年(ことし)9月(9がつ)5日(5か)大阪(おおさか)府警(ふけい)東成(ひがしなり)(しょ)というところが、自動車(じどうしゃ)保管(ほかん)場所法(ばしょほう)違反(いはん)疑い(うたがい)朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)メンバー(めんばー)4名(4めい)逮捕(たいほ)し、朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)東成(ひがしなり)支部(しぶ)含めた(ふくめた)5箇所(5かしょ)対する(たいする)家宅(かたく)捜索(そうさく)行う(おこなう)という暴挙(ぼうきょ)をはたらいたんですよ!

実質的(じっしつてき)には(たん)なる路上(ろじょう)駐車(ちゅうしゃ)なんですけど、それが長時間(ちょうじかん)、というか長期間(ちょうきかん)及んで(およんで)しまったから、法律的(ほうりつてき)には一応(いちおう)自動車(じどうしゃ)保管(ほかん)場所法(ばしょほう)違反(いはん)というのになるらしいんですよ。(よう)路上(ろじょう)車庫(しゃこ)として使っちゃあ(つかっちゃあ)かん、という法律(ほうりつ)ですね。ただですね、この法律(ほうりつ)違反(いはん)したのはよくないとしても、通常(つうじょう)において基礎(きそ)されることはほぼあり得ない(ありえない)ほどのものなんですよね。起訴(きそ)なんて1パーセント(ぱーせんと)ないくらいなわけで、せいぜい罰金(ばっきん)払って(はらって)おしまい、それほどの小さな(ちいさな)事柄(ことがら)対して(たいして)なんで大袈裟(おおげさ)事件化(じけんか)し、逮捕(たいほ)家宅(かたく)捜索(そうさく)強行(きょうこう)されてしまうのかという(はなし)なわけです。これは明らか(あきらか)朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)対する(たいする)弾圧(だんあつ)目的(もくてき)とした権力(けんりょく)濫用(らんよう)としか言いよう(いいよう)のないでしょう。

朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)およびその関連(かんれん)施設(しせつ)在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)対する(たいする)、このような不法(ふほう)恣意的(しいてき)弾圧(だんあつ)はこれまでも数多く(かずおおく)行われて(おこなわれて)きましたが、それが日本(にほん)朝鮮(ちょうせん)敵視(てきし)政策(せいさく)一環(いっかん)であることは警察庁(けいさつちょう)長官(ちょうかん)自身(じしん)実は(じつは)恥じらい(はじらい)もなく正直(しょうじき)告白(こくはく)しているんですね。

一度目(いちどめ)安倍(あべ)政権下(せいけんか)において漆間(うるま)(いわお)という当時(とうじ)警察庁(けいさつちょう)長官(ちょうかん)は2007(ねん)年頭(ねんとう)記者(きしゃ)会見(かいけん)で、

拉致(らち)被害者(ひがいしゃ)帰国(きこく)向け(むけ)北朝鮮(きたちょうせん)日本(にほん)交渉(こうしょう)する()にさせるのが警察庁(けいさつちょう)仕事(しごと)。そのためには北朝鮮(きたちょうせん)資金源(しきんげん)について、()ここまでやられるのか()相手(あいて)思う(おもう)ように事件化(じけんか)して、実態(じったい)明らか(あきらか)にするのが有効(ゆうこう)だ。北朝鮮(きたちょうせん)困る(こまる)事件(じけん)捜査(そうさ)摘発(てきはつ)全力(ぜんりょく)をあげる。」

 

なんてことまでいってるんですから。そんで実際(じっさい)にその期間(きかん)弾圧(だんあつ)(しつ)でも(りょう)でもとんでもなかったですからね、マジ(まじ)で。(ほう)厳格(げんかく)適応(てきおう)とか言って(とかいって)朝鮮人(ちょうせんじん)だけ法律(ほうりつ)厳格(げんかく)適応(てきおう)するって、おいおい、(ほう)(もと)平等(びょうどう)とか根底(こんてい)からくずさへんか、それみたいな(はなし)だけど、まぁ、憲法(けんぽう)そのものが国民(こくみん)国民(こくみん)うるさい書物(かきもの)だからね、、、とにもかくにもこの当時(とうじ)2005(2005)(ねん)10(10)(がつ)から2008(2008)年末(ねんまつ)までで23(23)(けん)123(123)箇所(かしょ)超える(こえる)不当(ふとう)家宅(かたく)捜索(そうさく)にあってるからね。ほんと一時期(いちじき)毎月(まいつき)全国(ぜんこく)総連(そうれん)のどこかでガサ(がさ)入れにあってる(いれにあってる)みたいな状況(じょうきょう)だったもん。

 

 

(いま)安倍(あべ)第2章(だい2しょう)着々(ちゃくちゃく)ヤバイ(やばい)(みち)走って(はしって)いるからこそ、弾圧(だんあつ)(くっ)することなく抗議(こうぎ)貫く(つらぬく)ことがますます大事(だいじ)になっていると思い(おもい)まっせ!!!

 

在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)2世(2せい)(きむ)(いん)(まん)さんが、働いて(はたらいて)いた建設(けんせつ)現場(げんば)で「通名(つうめい)」である日本名(にほんめい)使用(しよう)強いられ(しいられて)精神的(せいしんてき)苦痛(くつう)受けた(うけた)として、建設(けんせつ)業者(ぎょうしゃ)(くに)損害(そんがい)賠償(ばいしょう)求めた(もとめた)訴訟(そしょう)控訴審(こうそしん)判決(はんけつ)11(11)(がつ)26(26)(にち)大阪(おおさか)高裁(こうさい)でありました。判決(はんけつ)(いん)(まん)さん請求(せいきゅう)棄却(ききゃく)した一審(いっしん)大阪(おおさか)地裁(ちさい)判決(はんけつ)支持(しじ)控訴(こうそ)棄却(ききゃく)しました
 地裁(ちさい)判決(はんけつ)では通名(つうめい)」の強制(きょうせい)自体(じたい)否定(ひてい)していたのに対して(たいして)今回(こんかい)高裁(こうさい)は「不必要(ふひつよう)通名(つうめい)使用(しよう)強いて(しいて)(きむ)さんのアイデンティティー(あいでんてぃてぃー)侵害(しんがい)した」と建設(けんせつ)会社(がいしゃ)による通名(つうめい)強制(きょうせい)認める(みとめる)など事実(じじつ)認定(にんてい)(てん)前進(ぜんしん)があったと捉える(とらえる)ことはできるんですが、いわゆる「通名(つうめい)」が「社会(しゃかい)通念上(つうねんじょう)」「普通(ふつう)」とされている現状(げんじょう)甘えて(あまえて)アイデンティティ(あいでんてぃてぃ)侵害(しんがい)する悪意(あくい)」まではないから違法(いほう)行為(こうい)には当たらない(あたらない)逃げて(にげて)います。これではですね、結局(けっきょく)のところ、「通名(つうめい)強制(きょうせい)して傷ついた(きずついた)のは分かる(わかる)けど、それが日本(にほん)社会(しゃかい)普通(ふつう)だから我慢(がまん)しろ」と言って(いって)いるのと変わらない(かわらない)わけですよ。在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)日本名(にほんめい)持つ(もつ)ようになった歴史(れきし)植民地(しょくみんち)統治期(とうちき)(そう)()改名(かいめい)遡ります(さかのぼります)。これは朝鮮名(ちょうせんめい)奪う(うばう)こととセット(せっと)でした。解放後(かいほうご)朝鮮名(ちょうせんめい)取り戻した(とりもどした)わけなんですけども、それを名乗れば(なのれば)差別(さべつ)されるからという理由(りゆう)から押し付けられた(おしつけられた)日本名(にほんめい)使い続ける(つかいつづける)ことを選択(せんたく)せざるを得なかった(せざるをえなかった)朝鮮人(ちょうせんじん)はたくさんいます。そんな風(そんなふう)選択(せんたく)させてきた、(いま)選択(せんたく)させているのが日本(にほん)社会(しゃかい)であり、そんな日本(にほん)の「社会(しゃかい)通念(つうねん)」において(なに)普通(ふつう)であるかという感覚(かんかく)判決(はんけつ)(ぶん)書いてん(かいてん)じゃねぇよ!と強く(つよく)怒っ(おこっ)ていますし、怒り続けます(おこりつづけます)忘れて(わすれて)たまるか!

 

2011(ねん)朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)通う(かよう)生徒(せいと)高校(こうこう)無償化(むしょうか)制度(せいど)適用(てきよう)から排除(はいじょ)されてから、各地方(かくちほう)自治体(じちたい)においても補助(ほじょ)(きん)凍結(とうけつ)相次ぎました(あいつぎました)13(ねん)までに東京(とうきょう)大阪府(おおさかふ)大阪(おおさか)()千葉(ちば)宮城(みやぎ)において凍結(とうけつ)見送り(みおくり)されていました。

今年(ことし)1(がつ)には政府(せいふ)高校(こうこう)無償化(むしょうか)制度(せいど)から朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)除外(じょがい)するために省令(しょうれい)改定(かいてい)(あん)検討(けんとう)し、私立(しりつ)学校(がっこう)認可外(にんかがい)になっている外国人(がいこくじん)学校(がっこう)国際学校含(こくさいがっこうふく))に通学(つうがく)する生徒(せいと)への制度(せいど)適用(てきよう)について定めた(さだめた)以下(いか)条件(じょうけん)から、事実上(じじつじょう)朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)のみを対象(たいしょう)としていた

(())それ以外(いがい)外国人(がいこくじん)学校(がっこう)文科(ぶんか)大臣(だいじん)指定(してい)したもの

(さく)除し(じょし)民主(みんしゅ)党政権(とうせいけん)時代(じだい)にはあくまで法的(ほうてき)には朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)も「無償化(むしょうか)制度(せいど)対象(たいしょう)でしたが(にも関わらず(かかわらず)朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)制度(せいど)から除外(じょがい)していた民主党(みんしゅとう)政権(せいけん)許せない(ゆるせない)!)、法的(ほうてき)朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)無償化(むしょうか)制度(せいど)から除外(じょがい)するというかなりひどい状況(じょうきょう)なっています。

その()は「中央(ちゅうおう)政府(せいふ)差別(さべつ)お墨付き(おすみつき)与える(あたえる)のを待って(まって)いたかのように、神奈川(かながわ)埼玉(さいたま)広島県(ひろしまけん)及び(および)()山口(やまぐち)福岡(ふくおか)横浜市(よこはまし)補助(ほじょ)(きん)凍結(とうけつ)し、東京(とうきょう)町田市(まちだし)では朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)通う(かよう)児童(じどう)のみに防犯(ぼうはん)ブザー(ぶざー)不支給(ふしきゅう)決定(けってい)抗議(こうぎ)殺到(さっとう)したので(のち)撤回(てっかい))し、川崎市(かわさきし)では補助(ほじょ)(きん)現金(げんきん)でなく「拉致(らち)問題(もんだい)関する(かんする)(ほん)」を現物(げんぶつ)支給(しきゅう)するという暴挙(ぼうきょ)行われて(おこなわれて)います。

 補助(ほじょ)(きん)凍結(とうけつ)(とう)対して(たいして)は、各地(かくち)裁判(さいばん)闘争(とうそう)行われて(おこなわれて)います。しかし、(いち)教育(きょういく)機関(きかん)である朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)が、授業(じゅぎょう)生徒(せいと)関する(かんする)ことにではなく、自治体(じちたい)(くに)行う(おこなう)差別(さべつ)対して(たいして)裁判(さいばん)起こしたり(おこしたり)数えきれない(かぞえきれない)ほどの抗議(こうぎ)活動(かつどう)(とう)労力(ろうりょく)時間(じかん)割かれる(さかれる)ことはおかしいのではないでしょうか。

 

 「無償化(むしょうか)除外(じょがい)補助(ほじょ)(きん)凍結(とうけつ)を「正当化(せいとうか)」するために、「国民(こくみん)都道府県(とどうふけん)(みん)理解(りかい)」が持ち出されて(もちだされて)います。そんな(なか)、それらを許し(ゆるし)差別(さべつ)政策(せいさく)放置(ほうち)している「日本(にほん)社会(しゃかい)」こそがこの無償化(むしょうか)問題(もんだい)における本当(ほんとう)の「問題(もんだい)」ではないでしょうか。

 

今年(ことし)4()(がつ)には朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)人民(じんみん)共和(きょうわ)(こく)への経済(けいざい)制裁(せいさい)2()(ねん)延長(えんちょう)されました。そして11(11)(がつ)27(27)(にち)には参議院(さんぎいん)(ほん)会議(かいぎ)朝鮮(ちょうせん)からの船舶(せんぱく)入港(にゅうこう)禁止(きんし)する法律(ほうりつ)(特定(とくてい)船舶(せんぱく)入港(にゅうこう)禁止(きんし)関する(かんする)特別(とくべつ)措置法(そちほう))延長(えんちょう)全会(ぜんかい)一致(いっち)採択(さいたく)されています。

日本(にほん)による朝鮮(ちょうせん)への独自(どくじ)制裁(せいさい)は、国連(こくれん)安全(あんぜん)保障(ほしょう)理事会(りじかい)決議(けつぎ)にもとづく制裁(せいさい)とは(べつ)に、わざわざ為替法(かわせほう)改正(かいせい)して2006(2006)(ねん)始まって(はじまって)います。始まった(はじまった)当初(とうしょ)6()か月(かげつ)ごとの延長(えんちょう)期限(きげん)で、6()か月(かげつ)ごとに延長(えんちょう)するか審議(しんぎ)されていました。それが、2009(2009)(ねん)には1()(ねん)延び(のび)、さらに今年(ことし)2()(ねん)になりました。

制裁(せいさい)によって、朝鮮(ちょうせん)日本(にほん)行き来(ゆきき)する万景(まんぎょん)峰号(ぼんごう)入港(にゅうこう)禁止(きんし)になり、輸出入(ゆしゅつにゅう)全面(ぜんめん)禁止(きんし)朝鮮(ちょうせん)所持(しょじ)できる現金(げんきん)制限(せいげん)がかかることで、ヒト(ひと)モノ(もの)カネ(かね)(おう)(らい)大きな(おおきな)制限(せいげん)がかかっています。例えば(たとえば)在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)朝鮮(ちょうせん)にいる家族(かぞく)渡す(わたす)ために持って(もって)行く(いく)(もの)金額(きんがく)限定(げんてい)されてしまっていますし、朝鮮(ちょうせん)旅行(りょこう)行った(いった)(さい)買った(かった)お土産(おみやげ)空港(くうこう)没収(ぼっしゅう)されるようなことも起こって(おこって)います。そして、日本(にほん)から朝鮮(ちょうせん)中古(ちゅうこ)パソコン(ぱそこん)送った(おくった)在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)外為法(がいためほう)違反(いはん)逮捕(たいほ)され、さらに総連(そうれん)各機関(かくきかん)不当(ふとう)強制(きょうせい)捜査(そうさ)行われました(おこなわれました)同じく(おなじく)ピアノ(ぴあの)ベンツ(べんつ)送ったら(おくったら)贅沢品(ぜいたくしな)輸出(ゆしゅつ)したとして逮捕(たいほ)タイル(たいる)や、つい最近(ついさいきん)では冷凍(れいとう)タラ(たら)ですら不正(ふせい)輸出(ゆしゅつ)として逮捕者(たいほしゃ)出て(でて)います。

また、在日(ざいにち)北朝鮮(きたちょうせん)当局(とうきょく)職員(しょくいん)」に朝鮮(ちょうせん)総連(そうれん)議長(ぎちょう)副議長(ふくぎちょう)などの6()(にん)があたるとして、日本(にほん)政府(せいふ)はこの6()(にん)再入国(さいにゅうこく)許可(きょか)取り消し(とりけし)実質(じっしつ)日本(にほん)から(そと)出られない(でられない)状況(じょうきょう)となっています。

こんなにも朝鮮(ちょうせん)住む(すむ)人々(ひとびと)や、朝鮮(ちょうせん)との往来(おうらい)モノ(もの)カネ(かね)やり取り(やりとり)必要(ひつよう)としている(ひと)たちの生活(せいかつ)圧迫(あっぱく)する制裁(せいさい)は、深刻(しんこく)人権(じんけん)侵害(しんがい)です。

 

日本(にほん)はただちに、朝鮮(ちょうせん)敵視(てきし)政策(せいさく)朝鮮(ちょうせん)への経済(けいざい)制裁(せいさい)をやめろ!

 

安倍(あべ)首相(しゅしょう)4月(4がつ)侵略(しんりゃく)定義(ていぎ)定まって(さだまって)いないと発言(はつげん)した(こと)は、日本(にほん)賛同(さんどう)した侵略(しんりゃく)戦争(せんそう)定義(ていぎ)定めた(さだめた)国連(こくれん)決議(けつぎ)はもちろん侵略(しんりゃく)戦争(せんそう)であることを認めた(みとめた)サンフランシスコ(さんふらんしすこ)平和(へいわ)条約(じょうやく)にも反する(はんする)(こと)で、限界(げんかい)大い(おおい)にあるとはいえ再度(さいど)戦争(せんそう)回避(かいひ)目指した(めざした)戦後(せんご)国際(こくさい)秩序(ちつじょ)根底(こんてい)から否定(ひてい)するものに(ほか)なりません。

 

さらにかつて(そう)()改名(かいめい)当時(とうじ)朝鮮人(ちょうせんじん)望んだ(のぞんだ)(こと)発言(はつげん)した麻生(あそう)副総理(ふくそうり)3月(3がつ)中山(なかやま)(なり)(あき)議員(ぎいん)にその認識(にんしき)変化(へんか)()われ、これに明確(めいかく)否定(ひてい)示しません(しめしません)でした。ナチス(なちす)(まな)発言(はつげん)とあわせ、認識(にんしき)当然(とうぜん)変化(へんか)していないとみるべきでしょう。

また橋下(はしもと)大阪(おおさか)市長(しちょう)従軍(じゅうぐん)慰安婦(いあんふ)強制性(きょうせいせい)示す(しめす)証拠(しょうこ)はないという、歴史的(れきしてき)事実(じじつ)反する(はんする)発言(はつげん)堂々(どうどう)行い(おこない)批判(ひはん)対して(たいして)強制性(きょうせいせい)犯罪性(はんざいせい)矮小化(わいしょうか)するような発言(はつげん)繰り返しました(くりかえしました)

また名古屋(なごや)河村(かわむら)市長(しちょう)は、南京(なんきん)大虐殺(だいぎゃくさつ)はなかったというこれまた(れきし)反する(はんする)発言(はつげん)行った(おこなった)(うえ)開き直って(ひらきなおって)います。南京(なんきん)大虐殺(だいぎゃくさつ)範疇(はんちゅう)被害(ひがい)規模(きぼ)について議論(ぎろん)重ねる(かさねる)(こと)と、そもそも存在(そんざい)否定(ひてい)するのはまったく異なる(ことなる)行為(こうい)です。

また八重山(やえやま)竹富町(たけとみちょう)にたいし、文科省(もんかしょう)新しい(あたらしい)歴史(れきし)教科書(きょうかしょ)をつくる(かい)(けい)のいくほう(しゃ)教科書(きょうかしょ)採択(さいたく)するよう迫り(せまり)全国(ぜんこく)(なか)から竹富町(たけとみちょう)だけが教科書(きょうかしょ)無償(むしょう)供与(きょうよ)から外されました(はずされました)。そもそも採択(さいたく)経緯(けいい)問題(もんだい)()され、()()山地区(やまちく)全教育(ぜんきょういく)委員(いいん)による採択(さいたく)やり直し(やりなおし)により、他社(たしゃ)選ばれた(えらばれた)にも関わらず(かかわらず)です。

 

私たち(わたしたち)は、歴史修正主義(れきししゅうせいしゅぎ)がなによりも日本(にほん)国籍(こくせき)有する(ゆうする)(もの)たちによって選ばれた(えらばれた)有力(ゆうりょく)政治家(せいじか)たちによってなされていることを深く(ふかく)憂慮(ゆうりょ)していますし、憤って(いきどおって)います。また歴史(れきし)清算(せいさん)には歴史(れきし)清算(せいさん)意義(いぎ)がありますので、(いま)生きる(いきる)(もの)にとっての意味(いみ)のみを強調(きょうちょう)ばかりをしたい(わけ)ではありませんが、過去(かこ)人間(にんげん)(いのち)軽視(けいし)するものがちが、(いま)生きる(いきる)人間(にんげん)たちの(いのち)軽視(けいし)するものではないと(だれ)がいえましょうか。過去(かこ)認識(にんしき)総括(そうかつ)はすぐれて現在(げんざい)進行形(しんこうけい)問題(もんだい)であり、近未来(きんみらい)考える(かんがえる)指針(ししん)としても重要(じゅうよう)なものです。とりわけ(わたし)は、日本(にほん)歴史(れきし)修正(しゅうせい)主義(しゅぎ)在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)差別(さべつ)や、朝鮮(ちょうせん)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)共和(きょうわ)(こく)対する(たいする)強硬(きょうこう)政策(せいさく)、そして日本(にほん)再軍国化(さいぐんこくか)抱き合わせ(だきあわせ)になっていることを最後(さいご)にあらためて強調(きょうちょう)します。