読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自由(じゆう)と人権(じんけん)は「国民(こくみん)」の占有物(せんゆうぶつ)ではない」デモ(でも)

ごきげんよう、()八部(はちぶ)音符(おんぷ)です。

 今回(こんかい)コトコト(ことこと)活動(かつどう)報告(ほうこく)というのとは違う(ちがう)のですが、(わたし)有志(ゆうし)(といっても(わたし)(ほか)には一人(ひとり)ですが)と企画(きかく)したデモ(でも)コトコト(ことこと)としても(つき)1回(1かい)街頭(がいとう)行動(こうどう)12月(12がつ)はしませんでしたが)に代えて(かえて)参加(さんか)したということもあり、(なに)をしてどうだったのか報告(ほうこく)というか感想(かんそう)書いて(かいて)おきます。

 デモ(でも)は<自由(じゆう)人権(じんけん)は「国民(こくみん)」の占有物(せんゆうぶつ)ではないと考える(かんがえる)ひとびとによる秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)反対(はんたい)デモ(でも)in京都(きょうと)>と銘打って(めいうって)12月(12がつ)27日(27にち)(きん))の(ばん)1月(1がつ)11日(11にち)())、12日(12にち)(にち))の午後(ごご)計三回(けいさんかい)行いました(おこないました)今後(こんご)については未定(みてい)です)。趣旨(しゅし)については記事(きじ)最後(さいご)掲載(けいさい)しています。(すで)お気づき(おきづき)(ほう)もいらっしゃると思います(おもいます)が、現在(げんざい)までのところコトコト(ことこと)ではデモ(でも)座り込み(すわりこみ)といった街頭(がいとう)行動(こうどう)については事前(じぜん)には一般(いっぱん)宣伝(せんでん)をせずに細々(ほそぼそ)とやっています。その理由(りゆう)についてはここでは省く(はぶく)として、今回(こんかい)デモ(でも)については、(わたし)自身(じしん)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)反対(はんたい)運動(うんどう)現場(げんば)で「国民(こくみん)」のことしか考えて(かんがえて)いないようなスローガン(すろーがん)シュプレヒコール(しゅぷれひこーる)聞く(きく)のが苦痛(くつう)であり、それこそ参加(さんか)の「敷居(しきい)高い(たかい)」なぁ、(いや)だなぁなんて思って(おもって)いたことから、きっと(ほか)にも(おな)じようなひとがいるに違いない(ちがいない)思った(おもった)のと、情宣(じょうせん)通して(とおして)問題(もんだい)意識(いしき)をできるだけ浸透(しんとう)させたいと思い(おもい)事前(じぜん)一般(いっぱん)告知(こくち)呼びかけました(よびかけました)

1回目(1かいめ)では(かみ)ビラ(びら)作り(つくり)おもに京都(きょうと)集会(しゅうかい)で、多分(たぶん)50枚(50まい)くらいでしょうか、配りました(くばりました)。あとはデモ(でも)宣伝用(せんでんよう)Twitter(ついったー)アカウント(あかうんと)@kokuminyamero)を作り(つくり)告知(こくち)しました。その結果(けっか)(?)各回(かくかい)10~15(にん)くらい参加(さんか)頂いた(いただいた)ように思います(おもいます)(かず)拘って(こだわって)ないのでまじめにカウント(かうんと)してないです)。

 

デモ(でも)では以下(いか)スピーチ(すぴーち)シュプレヒコール(しゅぷれひこーる)をあげました。

 

○○通り(どおり)ご通行中(ごつうこうちゅう)皆さん(みなさん)私たち(わたしたち)特定(とくてい)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)反対(はんたい)するモノ(もの)たちです。この特定(とくてい)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)戦前(せんぜん)治安(ちあん)維持法(いじほう)軍機(ぐんき)()護法(ごほう)にもたとえられるような、日本(にほん)戦争(せんそう)する体制(たいせい)をいっそう整え(ととのえ)反対(はんたい)する市民(しみん)監視(かんし)弾圧(だんあつ)図る(はかる)軍事(ぐんじ)立法(りっぽう)であるという性質(せいしつ)をもった非常(ひじょう)危険(きけん)法律(ほうりつ)です。国内外(こくないがい)でも根強い(ねづよい)反対(はんたい)(こえ)がありながら与党(よとう)(かず)暴力(ぼうりょく)をもって強行(きょうこう)採決(さいけつ)によって可決(かけつ)させてしまいました。この法律(ほうりつ)目的(もくてき)ともされる「国家(こっか)安全(あんぜん)保障(ほしょう)」の必要性(ひつようせい)説く(とく)ために、日本(にほん)政府(せいふ)中国(ちゅうごく)朝鮮(ちょうせん)仮想(かそう)敵国(てきこく)としてありもしない脅威(きょうい)煽って(あおって)きました。そしてその犠牲(ぎせい)としていつも真っ先(まっさき)沖縄(おきなわ)あり続け(ありつづけ)、また国内(こくない)中国人(ちゅうごくじん)朝鮮人(ちょうせんじん)をはじめとした外国人(がいこくじん)居住者(きょじゅうしゃ)対する(たいする)偏見(へんけん)差別(さべつ)増長(ぞうちょう)する一方(いっぽう)です。そして、(いま)、ここ京都(きょうと)でも(きょう)丹後市(たんごし)Xバンドレーダー(ばんどれーだー)配備(はいび)米軍(べいぐん)基地(きち)ができると言われて(いわれて)います。国籍(こくせき)性別(せいべつ)障害(しょうがい)有無(うむ)などを問われる(とわれる)ことなく(だれ)にとっても平和(へいわ)であり自由(じゆう)であれる社会(しゃかい)目指す(めざす)ためにも、その対極(たいきょく)である戦争(せんそう)へと導く(みちびく)この特定(とくてい)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)施行(しこう)させることなく廃止(はいし)させるよう抗議(こうぎ)続けます(つづけます)。みなさんも抗議(こうぎ)しましょう。

(↑すぴーち)

 

秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)いらない! 秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)廃止(はいし) 秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)施行(しこう)させないぞ! 抗議(こうぎ)意志(いし)(くつ)投げた(なげた)ひとへの起訴(きそ)撤回(てっかい)しろ!いますぐ解放(かいほう)しろ! 弾圧(だんあつ)やめろ! 弾圧(だんあつ)するな! 安全(あんぜん)保障(ほしょう)会議(かいぎ)いらない!ひとの生活(せいかつ)こそを保障(ほしょう)しろ!反中国(はんちゅうごく)反朝鮮(はんちょうせん)キャンペーン(きゃんぺーん)やめろ! 外国人(がいこくじん)差別(さべつ)するな! (だれ)対して(たいして)差別(さべつ)するな! X(えっくす)バンドレーダー(ばんどれーだー)いらない!どこにも基地(きち)はいらない! 自衛隊(じえいたい)いらない!

(↑しゅぷれひこーる) 

 

 また、一回目(いっかいめ)デモ(でも)ではグラデーション(ぐらでーしょん)のきいた横断幕(おうだんまく)紙製(かみせい))を掲げました(かかげました)が、その()(あめ)のためデモ(でも)終了(しゅうりょう)()にはボロボロ(ぼろぼろ)になりました。二回目(にかいめ)連日(れんじつ)デモ(でも)ではエリンギ(えりんぎ)筆代わり(ふでがわり)にして書いた(かいた)珍奇(ちんき)色使い(いろづかい)をした横断幕(おうだんまく)掲げました(かかげました)エリンギ(えりんぎ)筆代わり(ふでがわり)にしたのは近所(きんじょ)百円(ひゃくえん)均一(きんいつ)(ふで)売って(うって)なかったからです。なお、企画(きかく)こそは(わたし)有志(ゆうし)二人(ふたり)でしたが、一回目(いちかいめ)使った(つかった)横断幕(おうだんまく)作成(さくせい)にはコトコト(ことこと)メンバー(めんばー)のひとりに協力(きょうりょく)仰いで(あおいで)書いて(かいて)もらいました。

 

f:id:kotokotonittei:20140118133705j:plain

↑だいいっかいだんまく

 

f:id:kotokotonittei:20140118133658j:plain

↑えりんぎだんまく

 

 また、今回(こんかい)スピーチ(すぴーち)シュプレヒコール(しゅぷれひこーる)をあげるのに使った(つかった)拡声器(かくせいき)知人(ちじん)借りました(かりました)救援(きゅうえん)対策(たいさく)として詳しい(くわしい)知人(ちじん)弁護士(べんごし)紹介(しょうかい)してもらい仮に(かりに)当日(とうじつ)逮捕者(たいほしゃ)出た(でた)場合(ばあい)接見(せっけん)にいってもらうよう頼んで(たのんで)おきました。プラカード(ぷらかーど)なども参加者(さんかしゃ)には持参(じさん)して頂く(いただく)か、スケッチブック(すけっちぶっく)マジックペン(まじっくぺん)くらい用意(ようい)しておくというくらいには不親切(ふしんせつ)であったので、お金(おかね)はあまりかけていません。(かみ)ビラ(びら)印刷(いんさつ)に1000(えん)公共(こうきょう)施設(しせつ)だと安く(やすく)できるとことかあります)くらい、横断幕(おうだんまく)2枚分(2まいぶん))にかかったお金(おかね)紙代(かみだい)100(えん)百円(ひゃくえん)均一(きんいつ)模造紙(もぞうし)4()(まい)セット(せっと))に筆代(ふでだい)100(えん)(1(かい)きりでどっか行っちゃった(いっちゃった)・・・)、絵の具代(えのぐだい)水彩(すいさい))100(えん)()()()()(だい)100(えん)(けい)400(えん)ですね(ほんとは(ぬの)でやりたいんですけど、(きん)出来たら(できたら)(ぬの)でもやってみようかなって感じ(かんじ)です)。(あと)はせいぜいデモ(でも)申請(しんせい)

のために警察(けいさつ)(しょ)行く(いく)のにかかる交通費(こうつうひ)くらいですね(自治体(じちたい)によってはデモ(でも)申請(しんせい)において道路(どうろ)使用(しよう)許可書(きょかしょ)提出(ていしゅつ)(いん)()(だい)2000(えん)~2500(えん)(てい)()がかかるところもあるかもしれません。この(へん)(いま)調べて(しらべて)いるとこです)。

 京都市(きょうとし)は(悪しき(あしき)公安(こうあん)条例(じょうれい)基づいて(もとづいて)デモ(でも)申請(しんせい)をすることになりますが(道路(どうろ)使用(しよう)許可書(きょかしょ)出しません(だしません))、いつまでにというのはデモ(でも)予定(よてい)72時間前(72じかんまえ)までであり、いつからというのは「ない」です。コース(こーす)について「お願い(おねがい)」を警察(けいさつ)警備課(けいびか))がしてくることが多分(たぶん)にありますが、これは不当(ふとう)介入(かいにゅう)です。公安(こうあん)条例(じょうれい)基づく(もとづく)デモ(でも)(しん)において警察(けいさつ)(しょ)(たん)なる窓口(まどぐち)ですからこちらが書いた(かいた)ものを出す(だす)だけが仕事(しごと)ですので。デモ(でも)申請(しんせい)デモ(でも)(しゅっ)発地(ぱつち)所轄(しょかつ)警察(けいさつ)(しょ)です。わざわざアポイント(あぽいんと)なんてとってやらずに行きましょう(いきましょう)

 二人(ふたり)での企画(きかく)になると当日(とうじつ)心配事(しんぱいごと)のほうが少し(すこし)はあります。(かず)()にしないと言いつつ(いいつつ)も、一般(いっぱん)宣伝(せんでん)なので(かり)()1000(にん)きたら・・・と正直(しょうじき)びびってしまい、たった二人(ににん)なのにこれ大丈夫(だいじょうぶ)かしらなんて不安(ふあん)になると思います(おもいます)(わらい))。あと借りた(かりた)スピーカー(すぴーかー)重い(おもい)ので喋る(しゃべる)(ひと)とは(べつ)持って(もって)くれるひとが必要(ひつよう)だし、(ほか)にも横断幕(おうだんまく)持つ(もつ)のに最低(さいてい)二人(ふたり)必要(ひつよう)で、また警察(けいさつ)(みょう)なことをしたときに備えて(そなえて)動画(どうが)記録(きろく)する担当(たんとう)必要(ひつよう)だし・・・となると当日(とうじつ)にそういう協力(きょうりょく)をしてくれるひとを一応(いちおう)事前(じぜん)には捕まえて(つかまえて)おく必要(ひつよう)があります。なので横断幕(おうだんまく)余裕(よゆう)があれば掲げる(かかげる)ということで、(ほか)バイタル(ばいたる)なところを(なん)とか、というふうに当日(とうじつ)スタッフ的(すたっふてき)協力者(きょうりょくしゃ)数名(すうめい)確保(かくほ)はやっぱ要る(いる)なと思います(おもいます)(ぎゃく)にそれくらいでデモ(でも)はたいしてお金(おかね)賭けず(かけず)出来る(できる)ので、どんどんやりましょう。

 

 

 

 

趣旨(しゅし)
特定(とくてい)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)
12(12)(がつ)6()(にち)参議院本会(さんぎいんほんかい)でも強行(きょうこう)採決(さいけつ)をもって可決(かけつ)し、成立(せいりつ)してしまいました。
この法案(ほうあん)通った(とおった)ことで施行後(しこうご)政府(せいふ)による一層(いっそう)情報(じょうほう)統制(とうせい)プライバシー(ぷらいばしー)侵害(しんがい)市民(しみん)運動(うんどう)への 制限(せいげん)および弾圧(だんあつ)逮捕(たいほ)起訴(きそ)されても(なに)が「特定(とくてい)秘密(ひみつ)」に当たった(あたった)のか明らか(あきらか)になる保障(ほしょう)もなく(てき) (せい)裁判(さいばん)困難(こんなん)になることなどが(すで)予見(よけん)されています。この特定(とくてい)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)国家(こっか)安全(あんぜん)保障(ほしょう) 会議(かいぎ)(日本版(にほんばん) NSC)創立(そうりつ)一体(いったい)として、行政(ぎょうせい)機関(きかん)への情報(じょうほう)集中(しゅうちゅう)図り(はかり)戦争(せんそう)するための()(っか)(たい) (せい)作る(つくる)ためのものとして、戦前(せんぜん)内外(うちがい)国人(こくじん)弾圧(だんあつ)した「治安(ちあん)維持法(いじほう)」や「(ぐんき)保護法(ほごほう)」の再来(さいらい)とも 呼ばれて(よばれて)います。このような危険(きけん)法律(ほうりつ)であるにも関わらず(かかわらず)、いや、このように危険(きけん)法律(ほうりつ)であるからこそ、与党(よとう) (かず)(ちから)をもって強行(きょうこう)採決という暴挙(ぼうきょ)働いた(はたらいた)のでありましょう。国会(こっかい)通過(つうか)しようがこのような弾圧(だんあつ) (ほう)軍事(ぐんじ)立法(りっぽう)私たち(わたしたち)抗議(こうぎ)によって廃止(はいし)追い込まなければ(おいこまなければ)ならないと考えます(かんがえます)そしてこの法案(ほうあん)可決(かけつ)させてはならないと反対(はんたい)するひとびとの怒り(いかり)は、この短い間(みじかいあいだ)大きな(おおきな)運動(うんどう)なっています。石破(いしば)自民党(じみんとう)幹事(かんじ)(ちょう)が「デモ(でも)テロ(てろ)」と脅し(おどし)をかけたり、強行(きょうこう)採決(さいけつ)対する(たいする)抗議者(こうぎしゃ) 逮捕(たいほ)するなどの弾圧(だんあつ)働いた(はたらいた)ことは、まさにこの(あいだ)運動(うんどう)権力(けんりょく)にとって無視(むし)できない脅威(きょうい)へと(なり) (なが)したことの証左(しょうさ)でもあると思います(おもいます)しかし抗議(こうぎ)(こえ)大きく(おおきく)なる一方(いっぽう)でそれが日本(にほん)国民(こくみん)主義(しゅぎ)強化(きょうか)させてしまっていることに対して(たいして) 私たち(わたしたち)危惧(きぐ)をもたざるを得ません(えません)。「国民(こくみん)(こえ)聞け(きけ)」「国民(こくみん)主権(しゅけん)根底(こんてい)覆す(くつがえす)」「国民(こくみん)知る(しる)(けん) ()守れ(まもれ)」「国民(こくみん)()(みみ)(くち)をふさぐ」・・・どこもかしこも「国民(こくみん)」という言葉(ことば)連呼(れんこ)され、「国民(こくみん)」が 大事(だいじ)にされないことを怒って(おこって)いるようです。国民(こくみん)」は排除(はいじょ)伴う(ともなう)言葉(ことば)です。一般(いっぱん)現行(げんこう)憲法(けんぽう)戦前(せんぜん)天皇(てんのうせい)ファシズム(ふぁしずむ)反省(はんせい)から誕生(たんじょう)し、その(さん)大原則(だいげんそく)国民(こくみん)主権(しゅけん)基本的(きほんてき)人権(じんけん)尊重(そんちょう)平和(へいわ)主義(しゅぎ)であると理解(りかい)されています。しかし、(げん) (ぎょう)憲法(けんぽう)制定(せいてい)される過程(かてい)においてこの「国民(こくみん)」という言葉(ことば)がまさに国民(こくみん)ならざる(もの)基本的(きほんてき)人権(じんけん) 制限(せいげん)するために選ばれた(えらばれた)言葉(ことば)であることを今一度(いまいちど)認識(にんしき)する必要(ひつよう)があると考えます(かんがえます)日本(にほん)国憲(こくけん)法制(ぽうせい) 定過程(ていかてい)において GHQ 草案(そうあん)含まれて(ふくまれて)いた人種(じんしゅ)国籍(こくせき)による差別(さべつ)明白(めいはく)禁止(きんし)する文言(もんごん)取り(とり) 入れず(いれず)the people」を意図的(いとてき)に「国民(こくみん)」と翻訳(ほんやく)した(うえ)で、この憲法(けんぽう)発布(はっぷ)される前日(ぜんじつ)1947(ねん)5(がつ) 2(にち)天皇(てんのう)最後(さいご)の「勅令(ちょくれい)」として「外国人(がいこくじん)登録令(とうろくれい)」によって、それまで植民地化(しょくみんちか)によって日本(にほん)国民(こくみん)とされてきた朝鮮人(ちょうせんじん)中国人(ちゅうごくじん)(台湾人(たいわんじん))を「外国人(がいこくじん)とみなす」と一方的(いっぽうてき)国籍(こくせき)剥奪(はくだつ)したことからもその意図(いと)明白(めいはく)であり、第一条(だいいちじょう)天皇(てんのう)規定(きてい)並んで(ならんで)明治(めいじ)憲法(けんぽう)から地続き(じつづき)に、天皇(てんのうせい)呪い(のろい)よって現行(げんこう)憲法(けんぽう)支配(しはい)されていることを示して(しめして)いるといっても過言(かごん)ではありません。この社会(しゃかい)における自由(じゆう)平等(びょうどう)人権(じんけん)が「国民(こくみん)」によって占有(せんゆう)されることに私たち(わたしたち)反対(はんたい)します。国民(こくみん)」にとっての「平和(へいわ)」が国民(こくみん)ならざる(もの)への収奪(しゅうだつ)暴力(ぼうりょく)によって保障(ほしょう)されるような社会(しゃかい)拒絶(きょぜつ)していかなければなりません。 国家(こっか)安全(あんぜん)保障(ほしょう)会議(かいぎ)一体(いったい)となって戦争(せんそう)をするための体制(たいせい)整えん(ととのえん)とし、体制(たいせい)歯向かう(はむかう)(もの)への 弾圧(だんあつ)強化(きょうか)するための特定(とくてい)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)対して(たいして)、「国家(こっか)」の「安全(あんぜん)保障(ほしょう)」のために「国民(こくみん)」が犠牲(ぎせい)にされることに反対(はんたい)するという「国家(こっか)主義(しゅぎ)(つい)国民(こくみん)主義(しゅぎ)」のままでは、「国家(こっか)安全(あんぜん)」と「国民(こくみん)(やす) (ぜん)」の一体化(いったいか)図る(はかる)ためのプロパガンダ(ぷろぱがんだ)騙され(だまされ)()結び(むすび)ファシズム(ふぁしずむ)はより深刻化(しんこくか)するでしょう。国家(こっか)」の「安全(あんぜん)」を脅かす(おびやかす)ものとして日本(にほん)中国(ちゅうごく)朝鮮(ちょうせん)を「仮想(かそう)(てき)」として最大限(さいだいげん)利用(りよう)し「脅威(きょうい)創作(そうさく)し続けて(しつづけて)おり、そのことによる国内(こくない)中国人(ちゅうごくじん)朝鮮人(ちょうせんじん)をはじめとした外国人(がいこくじん)対する(たいする)人権侵(じんけんしん) (がい)(その不在(ふざい)によってではなくその過剰さ(かじょうさ)によってまるで空気(くうき)一体(いったい)となるように)気付き(きづき)もされないほど日常(にちじょう)風景(ふうけい)として溶け込んで(とけこんで)しまっています。()国民(こくみん)」にとって弾圧(だんあつ)人権(じんけん)侵害(しんがい)はずっと (まえ)から始まって(はじまって)おり、その日常(にちじょう)に「平和(へいわ)」は存在(そんざい)していなかったことを知る(しる)必要(ひつよう)があります。 特定(とくてい)秘密(ひみつ)保護法(ほごほう)対して(たいして)根底(こんてい)から闘って(たたかって)廃止(はいし)勝ち取る(かちとる)ためにも、私たち(わたしたち)はそれを「国民(こくみん)」の(けん) ()根ざした(ねざした)闘い(たたかい)にしてはならないと考え(かんがえ)、ここに今回(こんかい)示威(じい)行動(こうどう)呼びかけます(よびかけます)
自由(じゆう)
人権(じんけん)は「国民(こくみん)」の占有物(せんゆうぶつ)ではないと考える(かんがえる)ひとびと