読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮人(ちょうせんじん)であるわたしたちの名乗り(なのり)についての言葉(ことば)たちの断片(だんぺん)

みなさん、こんにちは。先日(せんじつ)、「朝鮮人(ちょうせんじん)」として暮らして(くらして)いる知人(ちじん)たちでちょっと集まって(あつまって)私たち(わたしたち)名乗り(なのり)経験(けいけん)について語り合(かたりあ)おうという座談会(ざだんかい)開きました(ひらきました)座談会(ざだんかい)では私たち(わたしたち)普段(ふだん)どんなふうに自分(じぶん)()名乗り(なのり)生活(せいかつ)しているかから(はじ)まり、名乗り(なのり)実践(じっせん)変化(へんか)名前(なまえ)対する(たいする)思い(おもい)変化(へんか)についてであったり、名乗り(なのり)にともなうしんどいこと、民族(みんぞく)運動(うんどう)として自分(じぶん)以外(いがい)朝鮮人(ちょうせんじん)名乗り(なのり)について関わったり(かかわったり)現在(げんざい)関わって(かかわって)いる経験(けいけん)自分(じぶん)名付ける(なづける)(がわ)になるかもしれないということについてなどなど、多岐(たき)にわたって語り合(かたりあ)いました。

 この座談会(ざだんかい)開こう(ひらこう)思った(おもった)きっかけは「煮込んで(にこんで)みました」でも取り上げさせて(とりあげさせて)もらった「イルム(いるむ)裁判(さいばん)」の不当(ふとう)判決(はんけつ)です。(そう)()改名(かいめい)起源(きげん)にもち、今日(こんにち)でも植民地支配(しょくみんちしはい)象徴的(しょうちょうてき)(のろ)いとして残る(のこる)通名(つうめい)がこの差別的(さべつてき)日本(にほん)社会(しゃかい)における社会(しゃかい)通念(つうねん)において普通(ふつう)のものだから我慢(がまん)しろというような不当(ふとう)判決(はんけつ)怒り(いかり)覚えなが(おぼえながら)、もっと私たち(わたしたち)普段(ふだん)どんなことを考え(かんがえ)葛藤(かっとう)したり迷ったり(まよったり)しながら自分(じぶん)たちの名乗り(なのり)実践(じっせん)しているのか、その(こえ)文字(もじ)残したい(のこしたい)という気持ち(きもち)湧いて(わいて)きました。以下(いか)座談会(ざだんかい)交わされた(かわされた)言葉(ことば)たちの断片(だんぺん)です。あえて実際(じっさい)座談会(ざだんかい)流れ(ながれ)のままにはせず、発話(はつわ)主体(しゅたい)識別(しきべつ)もしていません。ばらばらな言葉(ことば)たち、そのひとつひとつの背景(はいけい)にあるものに想像(そうぞう)をめぐらせてもらえればと(おも)います。

 

 

 

 

 (いま)では普段(ふだん)基本的(きほんてき)朝鮮名(ちょうせんめい)名乗って(なのって)いる・・・外国人(がいこくじん)登録証(とうろくしょう)から(通名(つうめい)を)なくしたのは23歳(23さい)のときで、朝鮮名(ちょうせんめい)生活(せいかつ)し始めた(しはじめた)のは20歳(20さい)19歳(19さい)(ごろ)から。それまでは(ぎゃく)日本名(にほんめい)一本(いっぽん)()きていた

 

 自分(じぶん)名前(なまえ)日本語(にほんご)読み(よみ)前提(ぜんてい)として名付けられた(なづけられた)ものだったから朝鮮語(ちょうせんご)読んで(よんで)もいまいちなのが、なんか(いや)だなあと思ってた(おもってた)時期(じき)もあった

 

 (すで)日本名(にほんめい)関係(かんけい)築いて(きずいて)いるひとたちとは会いたく(あいたく)なくなった。地元(じもと)のひととはもう()わなくもなった。懐かしい(なつかしい)のに()いたくないというのは残念(ざんねん)だなと(おも)

 

 朝鮮名(ちょうせんめい)名乗る(なのる)ことが政治的(せいじてき)意志(いし)表示(ひょうじ)であるというときに、それが名前(なまえ)だからこそ疲れる(つかれる)。なんかいつも政治的(せいじてき)主張(しゅちょう)する主体(しゅたい)としていたいわけでもない

 

 ある名前(なまえ)抑圧(よくあつ)されている、だからそれを(まえ)出して(だして)いこうという政治(せいじ)有効(ゆうこう)だと(おも)うしどんどんやろうよと(おも)いつつ、それがそれまでのそのひとの人生(じんせい)大事(だいじ)部分(ぶぶん)破壊(はかい)しないような方法(ほうほう)(かんが)えたい

 

 (おや)からつけられたから大事(だいじ)にしたい、とは思って(おもって)いない。だって(おや)自分(じぶん)都合(つごう)でしかつけれないから、名付け(なづけ)ってそこにどんなに愛情(あいじょう)がこめられていようといまいと基本的(きほんてき)暴力(ぼうりょく)なわけで、むしろそれを暴力(ぼうりょく)とそのまま受け止める(うけとめる)のが辛い(つらい)からこそこめられた愛情(あいじょう)だとか由来(ゆらい)とかを介して(かいして)みんなうまく処理(しょり)してんのかなとか(おも)ったりもする

 

 0(さい)から4,5歳(4,5さい)くらいまでは(せい)()日本語(にほんご)読み(よみ)で、小学生(しょうがくせい)くらいから(せい)朝鮮語(ちょうせんご)読み(よみ)(した)()日本語(にほんご)()み。大学(だいがく)3年(3ねん)から学校(がっこう)登録上(とうろくじょう)(せい)(した)()朝鮮語(ちょうせんご)読み(よみ)変えた(かえた)(いま)生活(せいかつ)(なん)でもかんでも、インターネット(いんたーねっと)でなにか登録(とうろく)するときもそれにしている。(わたし)(さいわい)不幸(ふこう)か、通名(つうめい)朝鮮名(ちょうせんめい)も((かん)()同じ(おなじ)読み方(よみかた)日本語(にほんご)朝鮮語かの違い(ちがい)しかなく、外国人(がいこくじん)登録(とうろく)併記(へいき)されるということはないけれど、保険証(ほけんしょう)(せい)朝鮮語(ちょうせんご)読み(よみ)(した)()が日本語読み(よみ)カタカナ(かたかな)記載(きさい)されている。それで病院(びょういん)でよくもめるから、最近(さいきん)保険証(ほけんしょう)記載(きさい)()えたい

 

 最近(さいきん)名刺(めいし)使う(つかう)(きかい)があるんだけども、名刺(めいし)には朝鮮名(ちょうせんめい)漢字(かんじ)記載(きさい)してふりがなをふっている。でも、名詞(めいし)渡したら(わたしたら)相手(あいて)日本語(にほんご)読み(よみ)をしてくるから訂正(ていせい)しなくてはいけないことが何回(なんかい)かあったり

 

 朝鮮人(ちょうせんじん)ばっかりの環境(かんきょう)民族的(みんぞくてき)環境(かんきょう)朝鮮名(ちょうせんめい)名乗る(なのる)ことは(なん)抵抗(ていこう)もないというか、名乗(なの)りやすいわけで、ただ一歩外(いっぽそと)出て(でて)大学(だいがく)戻って(もどって)新しく(あたらしく)大学(だいがく)友達(ともだち)ができたときに自己(じこ)紹介(しょうかい)朝鮮名(ちょうせんめい)名乗(なの)ることがすごくしんどかった。朝鮮名(ちょうせんめい)名乗る(なのる)ことで違う(ちがう)ひとなんだというふうに見られる(みられる)という他者(たしゃ)からの視線(しせん)にちょっとおびえたというのは初めて(はじめて)感情(かんじょう)だった

 

 普段(ふだん)生活(せいかつ)政治的(せいじてき)表明(ひょうめい)でもあるからこそ、ちょっとやそっとでここでは日本名使い(にほんなつかい)ますみたいな節操(せっそう)のないことは自分(じぶん)対して(たいして)許せない(ゆるせない)生き方(いきかた)表明(ひょうめい)であるからこそ、ご都合(ごつごう)主義的(しゅぎてき)態度(たいど)自分(じぶん)精神(せいしん)まで蝕んで(むしばんで)しまう。運動(うんどう)としての名乗り(なのり)であるからこそ、それは他者(たしゃ)変えて(かえて)いくための主張(しゅちょう)にもなって、そこでご都合(ごつごう)主義的(しゅぎてき)使い分け(つかいわけ)自分(じぶん)にとっての弱み(よわみ)作る(つくる)ことになってしまう。弱み(よわみ)をつかれるのを恐れながら(おそれながら)生きて(いきて)いくのは(こころ)がしんどい

 

 (わたし)小さい(ちいさい)ころからずっと朝鮮名(ちょうせんめい)。日本式でも通用(つうよう)する名前(なまえ)憧れてた(あこがれてた)時期(じき)もあったかな。友達(ともだち)には日本語(にほんご)読み(よみ)にしたら日本名(にほんめい)でしっくりくるひともいて、そういう名前(なまえ)欲しい(ほしい)思った(おもった)時期(じき)もあった。日本語(にほんご)読み(よみ)しても通用(つうよう)するのがかっこいいであったり、紛れたい(まぎれたい)という気持(きも)ちもあった

 

 (ぼく)在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)朝鮮(ちょうせん)(せき))の(ちち)日本人(にほんじん)日本(にほん)(せき))の(はは)(あいだ)三人目(さんにんめ)息子(むすこ)として、(あに)(あね)、僕と生まれて(うまれて)(あね)のときから重国籍(じゅうこくせき)というのが認められる(みとめられる)ようになって、22歳(22さい)までに選択(せんたく)しなければならないんですけど、(おさな)いころに(おや)代理人(だいりにん)として(あね)アボジ(あぼじ)(ちち))の希望(きぼう)朝鮮(ちょうせん)(せき)に、(ぼく)オモニ(おもに)(はは))の希望(きぼう)日本(にほん)(せき)にしました。ずっと朝鮮(ちょうせん)学校(がっこう)通って(かよって)いたので、学校(がっこう)ではもちろん朝鮮名(ちょうせんめい)呼ばれる(よばれる)わけですけど、アボジ(あぼじ)商売(しょうばい)しているのもあって保険証(ほけんしょう)とかはアボジ(あぼじ)通名(つうめい)(せい)、そして戸籍(こせき)ではオモニ(おもに)のほうに入って(はいって)いるのでオモニ(おもに)()ってことになります。さっきも(会場(かいじょう)となる建物(たてもの)の)受付(うけつけ)本人(ほんにん)確認(かくにん)出した(だした)免許証(めんきょしょう)には(はは)()()かれてます。日常(にちじょう)生活(せいかつ)では朝鮮名(ちょうせんめい)なんですけれど、銀行(ぎんこう)口座(こうざ)とか保険(ほけん)とか免許(めんきょ)などに関して(かんして)全部(ぜんぶ)戸籍(こせき)登録(とうろく)されている)日本名(にほんめい)で、通名(つうめい)高校生(こうこうせい)のとき以外(いがい)使って(つかって)いないです。普段(ふだん)朝鮮名(ちょうせんめい)しか使っていないんで改(めい)できるかもと一回(いっかい)変えよう(かえよう)としたんですけど家族(かぞく)猛烈(もうれつ)反対(はんたい)にあい・・・

 

 拉致(らち)問題(もんだい)発覚(はっかく)以降(いこう)とか(とく)日本語(にほんご)()んでたかも

 

 ()育てる(そだてる)みたいなことがおきたとして、自分(じぶん)がそのひとに(なに)残したい(のこしたい)のか、相続(そうぞく)したいのかまたはしたくないのかみたいなことがあるわけじゃん。じゃあ、よくわかんない「民族性(みんぞくせい)」とかってどう?その場合(ばあい)名前(なまえ)にそれをこめるべき?かといって日本っぽい(にほんっぽい)名前(なまえ)をつけるなんて・・・みたいな。(なに)をしても意味(いみ)はもっちゃうから、うーん、ぷんぷん!とかなっちゃう

 

 通名(つうめい)対する(たいする)愛着(あいちゃく)」だとか、(いま)までそれで名乗って(なのって)きたから生じる(しょうじる)違和感(いわかん)なんかを表明(ひょうめい)されても、この歴史的(れきしてき)正当性(せいとうせい)(まえ)にはそんなもん!みたいな感じ(かんじ)朝鮮名(ちょうせんめい)名乗る(なのる)ことを説得(せっとく)してた

 

 相手(あいて)が(通名(つうめい)から朝鮮名(ちょうせんめい)に)変えたく(かえたく)ない場合(ばあい)はなにか理由(りゆう)があるはずなんだけど、そこで出される(だされる)理由(りゆう)朝鮮名(ちょうせんめい)名乗る(なのる)理由(りゆう)(くら)べたらとるにたらないこととしてた

 

 日本名(にほんめい)使われる(つかわれる)機会(きかい)は、年金(ねんきん)関係(かんけい)のものが通名(つうめい)できてる・・・年金(ねんきん)手帳(てちょう)名前(なまえ)通名(つうめい)なのは20(さい)のころはまだ外国(がいこくじん)登録証(とうろくしょう)通名(つうめい)併記(へいき)されていたからかも

 

 (ぼく)幼稚園(ようちえん)途中(とちゅう)まで日本名(にほんめい)(あね)小学校(しょうがっこう)にあがるときに自分(じぶん)朝鮮名(ちょうせんめい)変わって(かわって)、そっからはずっと朝鮮名(ちょうせんめい)(ちい)さいころから日本名(にほんめい)嫌い(きらい)で、理由(りゆう)はなんか弱そう(かよわそう)名前(なまえ)だったから。健康(けんこう)保険証(ほけんしょう)(おや)通名(つうめい)でやってるから、自分(じぶん)日本名(にほんめい)になっている。病院(びょういん)行ったら(いったら)、その弱そう(よわそう)名前(なまえ)()ばれるから・・・あと、ネットの(はなし)でいえば本当(ほんとう)名前(なまえ)要らない(いらない)ものについては(ぼく)はいつも特定(とくてい)日本(にほん)偽名(ぎめい)でやっている

 

 名前(なまえ)って(おや)から勝手(かって)につけられるもの、暴力(ぼうりょく)であったりするわけでしょ。そう考えたら(かんがえたら)名前(なまえ)ってずっと()わっていっても・・・(おや)がつけるときは(おや)考え(かんがえ)があるわけで、(わたし)名前(なまえ)日本語(にほんご)前提(ぜんてい)でつけられた名前(なまえ)だから(いま)でもそれが(いや)だという感覚(かんかく)があって、朝鮮人(ちょうせんじん)らしい名前(なまえ)というのに憧れて(あこがれて)いる部分(ぶぶん)はあるかな。でもそれからも脱却(だっきゃく)しなければという()にもなりつつ・・・

 

 ひとと議論(ぎろん)をするような()において自己(じこ)紹介(しょうかい)必要(ひつよう)になるとき、ここで朝鮮名(ちょうせんめい)名乗(なの)ればここでは「在日(ざいにち)のひと」の意見(いけん)としてずっとつきまとうんやろうなみたいな気分(きぶん)になる

 

 自分(じぶん)名乗る(なのる)ときに誤魔化す(ごまかす)というのは、まぁ、あったりもする。そのときも通名(つうめい)としての日本名(にほんめい)名乗(なの)るということはしないんだけど、まったく別の偽名(ぎめい)とか作って(つくって)すませたりすることはある

 

 ((そう)()改名(かいめい)によって奪われた(うばわれた)朝鮮名(ちょうせんめい)取り戻(とりもど)といった)歴史的(れきしてき)正統性(せいとうせい)というとなんかすごく理論的(りろんてき)(はなし)で、それに対して(たいして)愛着(あいちゃく)みたいな感情的(かんじょうてき)なもんは理論(りろん)(まえ)ではおろそかにされているみたい

 

 情緒(じょうちょ)対する(たいする)理論(りろん)優越(ゆうえつ)、そういうふうにもみえるし、((こう)歴史(れきし)民族史(みんぞくし)として記述(きじゅつ)される)大文字(おおもじ)歴史(れきし)と(民衆(みんしゅう)個々(ここ)の)小文字(こもじ)歴史(れきし)では前者(ぜんしゃ)の物語り(から引き出される(ひきだされる)歴史的(れきしてき)正統性(せいとうせい))が優先(ゆうせん)されるべき、みたいなのが運動(うんどう)(なか)にはあったのかもしれない

 

 (ぼく)朝鮮名(ちょうせんめい)でずっと行ってた(おこなってた)から、基本的(きほんてき)に。ただ、法律的(ほうりつてき)文書(ぶんしょ)とかで通知(つうち)くるやつ見る(みる)と、免許証(めんきょしょう)なんかはほうっておくと通名(つうめい)併記(へいき)されていたからそれを消した(けした)役所(やくしょ)放って(ほうって)おいたら漢字(かんじ)日本語(にほんご)()みしてくる。

 

 登録(とうろく)名前(なまえ)なんて所詮(しょせん)登録(とうろく)にすぎないという考え(かんがえ)もできる。普段人(ふだんひと)との関係(かんけい)はこの名前(なまえ)でいく、でもそれは登録(とうろく)された名前(なまえ)というわけではない、ないからそれがどうした、みたいな/役所(やくしょ)での登録(とうろく)から変える(かえる)のに意義(いぎ)があるという主張(しゅちょう)もできるし、一方(いっぽう)はたしてそうなのかなという()がしないでもない

 

 役所(やくしょ)とかで公的(こうてき)なもので朝鮮人(ちょうせんじん)対して(たいして)日本名(にほんめい)流通(りゅうつう)するということの気持ち(きもち)悪さ(わるさ)(かん)じる

 

 (役所(やくしょ)とかの場合(ばあい)確か(たしか)圧力(あつりょく)として存在(そんざい)してはいると思う(おもう)。「氏名(しめい)表記(ひょうき)とかもそうだし、姓名(せいめい)ではなくて。絶対にそうなっているから。外国人(がいこくじん)登録証(とうろくしょう)NAME(ねーむ)のとこは「氏名(しめい)」となっている

 

 最近(さいきん)(せい)(いや)で、親父(おやじ)名前(なまえ)使って(つかって)いるのが(いや)(せい)をなしにしたい。だから名乗る(なのる)ときは(せい)名乗らない(なのらない)ことも(おお)いかも。(した)名前(なまえ)好き(すき)やけど。(いま)では愛着(あいちゃく)もある

 

 わたし(おや)(まえ)ではずっと日本名(にほんめい)でいってたから、そこは変えられない(かえられない)(かん)じがずっとある

 

 マイノリティあるあるなのかもしれないけど、名前(なまえ)についてはその性質(せいしつじょう)開示(かいじ)するかどうかについての選べなさ(えらべなさ)(えら)びにくさがある

 

 会う(であう)朝鮮人(ちょうせんじん)子供(こども)たちというのが全員(ぜんいん)ダブル(だぶる)()(たち)全員(ぜんいん)日本(にほん)国籍(こくせき)で、いわゆる通名(つうめい)という概念(がいねん)もないというか、(しょ)類的(るいてき)にもなにもかもその日本(にほん)名前(なまえ)しかないわけで、その子達(こたち)には(とく)(なに)名前(なまえ)について自分(じぶん)(かんが)えさせようということをするわけでもなく勝手(かって)朝鮮人(ちょうせんじん)らしい民族名(みんぞくめい)名付けて(なづけて)呼んで(よんで)子供(こども)たちもそれを(よろこ)ぶ、みたいなことを仕(ごと)としてしてる。それも名付け(なづけ)暴力(ぼうりょく)のひとつかななんて思う(おもう)のだけど、それは子供(こども)たちが民族的(みんぞくてき)なものを原体験(げんたいけん)として持って(もって)もらいたいという意味(いみ)名前(なまえ)というのを使用(しよう)している。それが(わる)いことだとも思って(おもって)はないけれど・・・それが暴力(ぼうりょく)なのかな・・・

 

 朝鮮人(ちょうせんじん)らしい名前(なまえ)ってなんやねん・・・だから朝鮮名(ちょうせんめい)のキラキラネームを!

 

 ずっと朝鮮名(ちょうせんめい)名乗って(なのって)きたわけではあるけど、放って(はなって)おいたら「韓国人(かんこくじん)」として認識(にんしき)されてたりもするから、自分(じぶん)がどんなことを考えて(かんがえて)いるのかというのを((むかし)友達(ともだち)に)(はなし)をしにいったな。朝鮮語(ちょうせんご)読み(よみ)朝鮮名(ちょうせんめい)というゴリゴリ(ごりごり)した(かん)じで()きてきたけど、それまで関係(かんけい)築きかた(きずきかた)というのも名前(なまえ)だけでは足らない(たらない)んだよなあと(おも)った。関わり方(かかわりかた)変えて(かえて)いこうと思った(おもった)のは名前(なまえ)変える(かえる)朝鮮名(ちょうせんめい)名乗り始(なのりはじ)めるひとをみたから

 

 その場限り(ばかぎり)関係(かんけい)最初(さいしょ)から決めて(きめて)いて自分(じぶん)のことをいちいち聞かれたく(きかれたく)ないと思う(おもう)相手(あいて)には適当(てきとう)日本名(にほんめい)ですませたりする

 

 名前(なまえ)政治的(せいじてき)意味(いみ)帯びる(おびる)というのを気づかない(きづかない)奴ら(やつら)(はら)()

 

 バックグラウンドとして背負う(せおう)ものをあえて(まえ)出す(だす)ことで主張(しゅちょう)するという政治(せいじ)やり方(やりかた)当然(とうぜん)にあって、それは否定(ひてい)しないけど「ただのひと」みたいにあれることも欲しく(ほしく)思う(おもう)

 

 運動(うんどう)だから、ひとの選択(せんたく)介入(かいにゅう)しひとを変えて(かえて)いくことというのが根幹(こんかん)にはあるから、ひとのことはひとのこととして放って(ほうって)おかないんだけど、あなたが選択(せんたく)するうえで考えて(かんがえて)欲しい(ほしい)ことというのを出来る(できる)限り(かぎり)(つた)えたうえで、大事(だいじ)なものを全部(ぜんぶ)土俵(どひょう)にあげた(うえ)でそのひとの政治(せいじ)交渉(こうしょう)行われる(おこなわれる)ことを可能(かのう)にしなくちゃいけないのかな・・・そういうのをこめて、たとえば(いま)までの慣習的(かんしゅうてき)民族(みんぞく)運動(うんどう)勧めて(すすめて)きた名乗り(なのり)とは違う(ちがう)けど、政治性(せいじせい)意識(いしき)した名乗(なの)りの仕方(しかた)というのがきっともっと豊か(ゆたか)出て(でて)くるのではないかなという()はする。

 

 (朝鮮名(ちょうせんめい)名乗る(なのる)ことに反対(はんたい)する家族(かぞく)とは)物理的(ぶつりてき)距離(きょり)がある程度(ていど)離れて(はなれて)いるという条件(じょうけん)維持(いじ)死活(しかつ)問題(もんだい)

 

 キラキラネームがあんだけ酷い(ひどい)仕打ち(しうち)受ける(うける)のは、名付け(なづけ)暴力(ぼうりょく)でしょというのを端的(たんてき)示して(しめして)いるわけであって、社会(しゃかい)のキラキラネームに対する(たいする)仕打ち(しうち)というのは実は(じつは)自分(じぶん)たちがやっている名づけ(なづけ)暴力(ぼうりょく)隠蔽(いんぺい)とセットであるんだと思う(おもう)

 

 うちは自営業(じえいぎょう)でずっと日本語(にほんご)読み(よみ)(せい)使って(つかって)いたけど父親(ちちおや)はそれが(いや)だったみたいで子供(こども)には朝鮮語(ちょうせんご)読み(よみ)(せい)行きなさい(いきなさい)よと学校(がっこう)申請(しんせい)したみたい

 

 それ(日本語(にほんご)読み(よみ)でも奇異(きい)思われない(おもわれない)名前(なまえ)対する(たいする)(あこが)れ)こそも外圧(がいあつ)・・・朝鮮人(ちょうせんじん)であるとばれるのが(いま)怖く(こわく)なったというわけではないけど、隠れたい(かくれたい)という気持(きも)ちではなくなった。むしろアピールしていかなければならないという心境(しんきょう)変化(へんか)は(あらたに鮮名(ちょうせんめい)名乗って(なのって)いく(ひと)たちとの関わり(かかわり)(とお)して)あった

 

 朝鮮名(ちょうせんめい)名乗る(なのる)ことを決めた(きめた)のことには「違う(ちがう)」ことを受け容れよう(うけいれよう)としない社会(しゃかい)あり方(ありかた)への抵抗(ていこう)という部分(ぶぶん)もあったわけだから、(ぎゃく)にその名前(なまえ)(べつ)のなにかにとっての「らしさ」でなければならないというのも違うん(ちがうん)じゃないかと(おも)ったら(名前(なまえ)朝鮮人(ちょうせんじん)らしくないんじゃないかとか)どうでもよくなった

 

 自分(じぶん)発言(はつげん)主張(しゅちょう)常に(つねに)朝鮮(ちょうせん)という要素(ようそ)還元(かんげん)されてしまうのではないかという寂しさ(さびしさ)覚えたり(おぼえたり)する。無徴(むじるし)であることへの憧れ(あこがれ)があったりして、ネット(ねっと)議論(ぎろん)をするときには自(ぶん)のそういう背景(はいけい)(まえ)()さないようにしてやったりもするけれど以前(いぜん)議論(ぎろん)白熱(はくねつ)したときに相手(あいて)(わたし)朝鮮人(ちょうせんじん)であるということを知ったら(しったら)謝って(あやまって)きたことがあり、むなしい気持ち(きもち)になった

 

 名乗り(なのり)政治性(せいじせい)理解(りかい)した(うえ)でそれぞれの政治(せいじ)仕方(しかた)模索(もさく)していければと思う(おもう)。そういう過程(かてい)経た(へた)(うえ)での名乗(なの)りがそれぞれの個人史(こじんし)大事(だいじ)にするようなものであってほしい

 

名付け(なづけ)じたいが暴力(ぼうりょく)でありつつ、その(なか)でもさらにたとえば「(おんな)()らしい名前(なまえ)にしましょう」とか「朝鮮人(ちょうせんじん)らしい名前(なまえ)にしましょう」という二重(にじゅう)三重(さんじゅう)重ねて(かさねて)必要(ひつよう)もないわけで、そういう次元(じげん)真剣(しんけん)(かんが)えるほうがいいのかな

 

 (いま)まで培って(つちかって)きた人間(にんげん)関係(かんけい)(なか)では、(した)名前(なまえ)日本語(にほんご)読み(よみ)で(大学(だいがく)途中(とちゅう)まで)通って(かよって)いたんだけど、登録(とうろく)変える(かえる)時期(じき)民族(みんぞく)団体(だんたい)出会った(であった)のが大体(だいたい)同じ(おなじ)時期(じき)で、変えた(かえた)以降(いこう)新しく(あたらしく)出会う(であう)ひとには朝鮮名(ちょうせんめい)名乗(なの)っている

 

 政治(せいじ)運動的(うんどうてき)名乗り(なのり)だから、いついかなるときもこだわりは自分(じぶん)にもあったんだろうけど。(わたし)はあまりバレ(ばれ)るとか(ちが)うものとして見られる(みられる)ことの怖さ(こわさ)はあまりなかったかな。そういう覚悟(かくご)をもってこその名乗り(なのり)だったから。むしろ、そうしてこなかったときの関係(かんけい)をどうするか、また築きなおす(きずきなおす)ことのしんどさのほうが(いや)で、もうその関係(かんけい)バイバイ(ばいばい)としてきたな/相手(あいて)背景(はいけい)知らない(しらない)からこそ、互いに(たがいに)相手(あいて)がどんなひとでもあり得る(ありうる)という可能性(かのうせい)開かせて(ひらかせて)配慮(はいりょ)しあった対話(たいわ)とかもっとできないかなとか思う(おもう)

 

 (もし自分(じぶん)名付ける(なづける)(がわ)になるなら、名付けられる(なづけられる))その()自身(じしん)変えやすい(かえやすい)ようなのにしたい-名前(なまえ)「いつか変えて(かえて)ね」みたいな(笑い(わらい)

 

 異質(いしつ)あるということを示す(しめす)だけならひとによっては日本語(にほんご)読み(よみ)でもそれはできる場合(ばあい)もあるよね。でも、朝鮮語(ちょうせんご)読み(よみ)名乗りたい(なのりたい)なあというのは、実際(じっさい)違う(ちがう)からあったりはするんだけど。ただ自分(じぶん)のいた民族(みんぞく)団体(だんたい)では日本語(にほんご)読み(よみ)朝鮮語(ちょうせんご)読み(よみ)変えよう(かえよう)やという運動(うんどう)もあったようには思う

 

 通名(つうめい)生きて(いきて)きた自分(じぶん)歴史(れきし)関係(かんけい)とどうき合い(つきあい)ながら、隠す(かくす)ことを要求(ようきゅう)される朝鮮名(ちょうせんめい)(まえ)出して(だして)いくのかというときに、たとえば両方(りょうほう)名前(なまえ)組み合わせた(くみあわせた)ような名乗りかた(なのりかた)もあるだろうし、(ほか)にもいろんな事情(じじょう)やそれまでのそれぞれの歴史(れきし)とか出した(だした)ものをできるだけ全部(ぜんぶ)出そう(だそう)とする名乗り(なのり)仕方(しかた)がもっとあっていいよなあと思う(おもう)(ぎゃく)もう出(もうだ)したくないものは出さない(ださない)というのもあるだろうし、家父(かふ)長制(ちょうせい)(てい)抗して(こうして)(せい)出さない(ださない)というやり方(やりかた)であったりね

 

 

 

 

 どうだったでしょうか?朝鮮名(ちょうせんめい)名乗れれば(なのれれば)それでオッケー(おっけー)、みたいに決して(けっして)落ち着いて(おちついて)生活(せいかつ)しているとも限らない(かぎらない)のです。名乗る(なのる)ってどういうことだろう、とか名前(なまえ)ってなんだろう、自分(じぶん)(だれ)かを名付ける(なづける)ときがきたときどうしよう、とか色んな(いろんな)こと考えたり(かんがえたり)もします。私たち(わたしたち)(なか)には少なからず(すくなからず)日本名(にほんめい)生活(せいかつ)してきた個人史(こじんし)がたくさんあって、そこで築いた(きずいた)大切(たいせつ)思い出(おもいで)記憶(きおく)もあります。ときには大切(たいせつ)築いて(きずいて)きた関係(かんけい)犠牲(ぎせい)になることもあります。それでも名乗り(なのり)色んな(いろんな)新しい(あたらしい)可能性(かのうせい)思い(おもい)馳せたり(はせたり)しながら生きて(いきて)います。何一つ(なにひとつ)簡単(かんたん)なことではなかったりします。そういう様々(さまざま)なそれぞれの経験(けいけん)経た(へた)(うえ)で、(いま)名乗って(なのって)いるこのことを軽く(かるく)考えて(かんがえて)欲しく(ほしく)ないし、差別的(さべつてき)日本(にほん)社会(しゃかい)社会(しゃかい)通念(つうねん)なんかで軽く(かるく)あしらわれてたまるか、そんな気持ち(きもち)締めくくりたい(しめくくりたい)思います(おもいます)

 

ps.今回(こんかい)ここには書ききれない(かききれない)沢山(たくさん)言葉(ことば)()わしたみなさん、ありがとう。

 

サイト(さいと)紹介(しょうかい)

イルム(いるむ)裁判(さいばん)支援(しえん)している「イルム(いるむ)から」

http://irum-kara.jimdo.com/

 

 

コトコト(ことこと)じっくり煮込んだ(にこんだ)(にっ)(てい)(おんぷ()()のはちぶおんぷ)