読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲(なか)の良(よ)さの話(はなし)じゃない part.2(ぱーとつー)

ふたつまえ記事きじ(「なかさのはなしじゃない」http://kotokotonittei.hatenadiary.jp/entry/2014/05/25/231231)へ再びふたたびitokenichiroさんから返答へんとうがありましたので、それへの応答おうとうです。(上記じょうきURLのコメントこめんとらん参照さんしょうください。)

 

 ぜんかい返答へんとう、またこれまでのコトコトブログにおいても、わたしたちは在日ざいにち朝鮮ちょうせんじんへのヘイトスピーチ朝鮮ちょうせん学校がっこう高校こうこう無償むしょう制度せいどからの除外じょがい含むふくむ日本にっぽん社会しゃかい在日ざいにち朝鮮ちょうせんじんへの様々さまざま差別さべつが、日本にっぽん帝国ていこく主義しゅぎによる朝鮮ちょうせん植民しょくみん支配しはい起因きいんし、よってはん差別さべつ訴えるうったえるうえで支配しはい責任せきにん果たすはたすことを求めるもとめることこそが必要ひつようであると述べのべてきました。日本にっぽんによる朝鮮ちょうせんへの差別さべつ続いつづいているいま、植民しょくみん支配しはい継続けいぞくしているという言い方いいかたもできるでしょう。そして、この支配しはい構造こうぞう克服こくふくするにあたって、当人とうにんたちが「仲良くなかよくするかどうか」は関係かんけいないことです。(全面ぜんめんてき同意どういしていただいたみたいですね。)

 

 しかし一方いっぽうで、「責任せきにん果たすはたすまで仲良くなかよくしない」ことが「悠長ゆうちょう」であるという意見いけんをいただきました。ヘイトスピーチヘイトクライムまで起きおきている現状げんじょうにおいて、仲良くなかよくしないのは「悠長ゆうちょう」であると。「植民しょくみん支配しはい責任せきにん果たすはたすつもりのないひとと、仲良くなかよくしたくない」というわたしたちの主張しゅちょうが「悠長ゆうちょう」だと。そのうえで持ち掛けもちかけられる「仲良くなかよくしようぜ」、これはなにかの脅迫きょうはくでしょうか。ヘイトスピーチ、そしてヘイトクライムまでが起きおきていることをもって「仲良くなかよく」することが必要ひつようだと迫りせまりたいのでしょうか。ここには認識にんしき欠いかいているてん大きくおおきくふたつあると思いおもいます。

 

 ひとつめに、これまでなん述べのべてきたし、同意どういしていただいたはずのことですが、ヘイトスピーチヘイトクライムといった差別さべつ問題もんだいと「仲良くなかよくするかどうか」は関係かんけいのないはなしだということ。「ヘイト」は直訳ちょくやくすると「憎悪ぞうお」ですが、朝鮮ちょうせんじん向けむけられる「ヘイト」は帝国ていこく主義しゅぎてき朝鮮ちょうせん蔑視べっし基づくもとづくものであることは自明じめいです。「ヘイト」(憎悪ぞうお)には「仲良くなかよく」(あい)をもって制するせいするといった考えかんがえはあまりに中身なかみのない言説げんせつではないですか。さらに、これまでざい特会とっかいの「カウンターかうんたー」としてヘイトスピーチ対抗たいこうしてきたひとびとのなかには、歴史れきし修正しゅうせい主義しゅぎてき思想しそう支持しじする右派うはもいました。(はんヘイトスピーチ謳ううたう歴史れきし修正しゅうせい主義しゅぎしゃ存在そんざいについて、こちらの記事きじ言及げんきゅうされています。ご参照さんしょうください。:「あのね、あなたはね、のりこえられるほうなの…」http://kotokotonittei.hatenadiary.jp/entry/2014/03/16/011619)まさに「みぎひだりもない」といったスローガンすろーがんのなかで右派うはともをつないで行わおこなわれてきた「カウンターかうんたー」、「ヘイトへの抵抗ていこう」をもって、自覚じかくてきであれ無自覚むじかくてきであれ「過去かこ問題もんだい」に取り組んとりくんでいると言わいわれてもわたしたちは到底とうてい納得なっとくができません。そのなかには保守ほしゅ愛国あいこく謳いうたい日本にっぽん朝鮮ちょうせんへの侵略しんりゃく美化びかするものがいますし、民族みんぞく差別さべつてき発言はつげんをするものもいます。そのような存在そんざいたちが、ただざい特会とっかい排外はいがいデモでも反対はんたいできているというだけで黙認もくにんされたり、ましてやときには称揚しょうようされるような様子ようすをわたしたちはてきました。このように運動うんどう内部ないぶ排外はいがい主義しゅぎしゃについては批判ひはん加えくわえない勢力せいりょくに対してにたいして、わたしたちはをつなぎたくないという意思いし表明ひょうめい示すしめすほかありません。こういった主張しゅちょうをすると、「ヘイトスピーチ/クライムを放っはなっておくのか」の責め立てせめたてられることがしばしばありますが(今回こんかいitokenichiroさんの主張しゅちょう同じおなじだと言えいえますね)、ざい特会とっかいまき散らすまきちらすヘイトスピーチ、これがいま最ももっとも悪いわるいことであり、これへどんな使っつかってでも(歴史れきし修正しゅうせい主義しゅぎしゃをつないででも)対抗たいこうしていくこと、それが喫緊きっきんであり、なによりも優先ゆうせんされるべきことなんだと勝手かって決めつけきめつけ押し付けおしつけてくること、これはあまりに身勝手みがって横暴おうぼうではありませんか。このような主張しゅちょうが、ざい特会とっかい反対はんたいするあらゆるひととをつなげるかという踏み絵ふみえとなり、在日ざいにち朝鮮ちょうせんじんたちに分断ぶんだん持ち込んもちこんでいるという状況じょうきょうがあると考えかんがえます。をつなぐことができない、カウンターかうんたー参加さんかできない朝鮮ちょうせんじんが「ヘサヨ」などとラベリングらべりんぐされ貶めおとしめられている状況じょうきょう結局けっきょくのところ「悪いわるい朝鮮ちょうせんじん殺せころせ」と変わらかわらないのです。

 

 そして、だからこそふたつめには、「仲良くなかよくしようぜ」という言葉ことばハラスメントはらすめんとになり得るえることについて。この言葉ことばが、どのような主体しゅたいからどこへ向けむけられているものなのか知りしりませんが、いわゆるざい特会とっかいカウンターかうんたーからざい特会とっかい向けむけられることや、日本人にっぽんじん朝鮮ちょうせんじん友好ゆうこうといった文脈ぶんみゃく交わさかわされることなどが想像そうぞうできます。すべてのひとびとはさまざまな権力けんりょく関係かんけいのなかで生きいきており、そんななかで(民族みんぞくジェンダー年齢ねんれいなど権力けんりょく関係かんけいはあらゆる側面そくめん複合ふくごうしているため具体ぐたいれい挙げあげませんが)抑圧よくあつしゃから抑圧よくあつしゃへ「仲良くなかよくしようぜ」という言葉ことばがかけられるとき、不当ふとう圧力あつりょくがかかっていることについて想像そうぞうできませんか。社会しゃかいてき平等びょうどうでない間柄あいだがらで、ちから持つもつほうからこのように持ち掛けもちかけられるとき、じゅうぶんハラスメントはらすめんとになります。「向こうむこう仲良くなかよくしたいはずだ」なんてのは、勝手かって思い上がりおもいあがりです。この言葉ことば突き進むつきすすむとき、誰かだれか不当ふとう扱いあつかい受けるうけるかもしれない。このような危惧きぐ拭えぬぐえません。

 

 さいごに、itokenichiroさんからは『「未来みらい志向しこう」という態度たいどは「過去かこのことはみず流すながす」という無責任むせきにん態度たいど」ではない』といただきましたが、この「未来みらい志向しこう」という言葉ことば自体じたいは、日本にっぽん過去かこ侵略しんりゃくしたり植民しょくみん支配しはい行っおこなっ国々くにぐにとの関係かんけい小泉こいずみ政権せいけん特にとくに多用たよう強調きょうちょうされたものであり、残念ざんねんながらその中身なかみ戦後せんご補償ほしょう問題もんだいについてはこくかん条約じょうやくによって解決かいけつ済みずみという立場たちば保持ほじ侵略しんりゃく戦争せんそう責任せきにん植民しょくみん支配しはい責任せきにん果たそはたそうとしない姿勢しせい表れあらわれです。きっとなにもしなければ(しなくても)世の中よのなかは「未来みらい志向しこう」に動きうごきますし、支配しはい責任せきにん果たさはたされぬまま、差別さべつもなくならないのが見えみえます。だからこそわたしたちは、『ふぁっく「未来みらい志向しこう」、責任せきにん果たすはたすまで「仲良くなかよくしないよ」』と掲げかかげているのです。たとえ仲良しなかよし取り込まとりこまれなくても、自身じしん加害かがいせい向き合いむきあい差別さべつ闘いたたかい歴史れきし清算せいさん訴えうったえていく尊重そんちょうされる運動うんどうでなければ未来みらいはないですよ。

コトコトじっくりにこんだにってい♪