読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に「レイシスト」をしばけるの???

はじめに

野間易通氏が呼びかけて始まった「レイシストをしばき隊」や、それに鼓舞されるように木野トシキ氏が呼びかけた「プラカ隊」などが、在特会在日特権を許さない市民の会)を中心とした「行動する保守」のヘイトデモへのカウンターが20132月以来盛んであるが、これらの活動が抱えていると思う問題点について幾つか指摘したいと思う。

 

(1)名前問題

まず、「レイシストをしばき隊」という名称、つまりは「レイシスト」に対峙(もしくは退治)するという看板を掲げて彼らが実際に行うのは「行動する保守」へのカウンターなのだが、これでは「レイシスト」が一部の特異的な集団として非常に限定的に定義されてしまう効果を生みかねない。差別というものはする側は告発を受けるまでなかなか気付かないものであり、告発を受けても否定したがる者は多い。日本人と朝鮮人の関係においていえば、朝鮮人が民族差別だと告発するものも、多くの日本人にとって合理的な区別だといわれることが多い。例えば「高校無償化」制度について、朝鮮学校に通う者たちは除外されているが、世論は二分されている。つまり、日本社会のおよそ半数は、日本の他の高等学校として認可されている学校に通う者に対して支給される就学支援金を、通う学校が朝鮮学校であるという理由をもって支給しないことを是としているのである。これも差別がする側にとっては区別としか認識されないという命題を示す一例であろう。そして現に「レイシストをしばき隊」の活動に鼓舞されて始まった「仲良くしようぜ」という標語を中心としたプラカード隊(以下「プラカ隊」)の活動など、各地で「行動する保守」へのカウンターに参与する者のなかには朝鮮学校に通う者を無償化から除外することについては是という立場の者もいる。

このように「行動する保守」へのカウンターをもってして、それ単独にレイシズムに反対するという次元には至らないという批判について、野間氏は「眼前の暴力」をやめさせることを優先するという主張を展開するがこれは果たして反論になり得るだろうか。

 

(2)「眼前の暴力」とそれ以外は誰が決めるの?

まず在特会をはじめとする「行動する保守」のヘイトデモは「眼前の暴力」であり他のレイシズムの暴力よりも優先されるべきであるという主張についてであるが、例えば「高校無償化」から除外される暴力とヘイトデモで罵倒される暴力、これらはどちらも日本社会のレイシズムによる暴力であり、その矛先の中心は両方とも朝鮮人であるが、その当の朝鮮人にとってみれば、これらの暴力への抵抗について一方が他方より優先すべきというような一般論は成立しないし、どちらの方がより深刻で痛いかなど聞かれたくもないし、原則的にはそれぞれに対して「やめろ」というだけであろう。運動としてコミットするにあたっては当然、選択がつきまとうものであるが、コミットメントとして一方を優先するということの理由は様々であり必ずしも優先したものがより重要であることを意味しない。したがって野間氏をはじめ「レイシストをしばき隊」としての活動が在特会といった排外デモを行うものへのカウンターを中心とするのは、それは単に一つの選択された決断以上の意味はないはずであり、そうであればこそ他のレイシズムの暴力に対しても自らの課題として引き受けていく志向性を手放さないということが肝要になるはずである。

しかし、実際に彼らから出てくる言葉の中で特に象徴的であったのは以下のようなものであった。

 

 

 

 

a

Kino Toshiki @Kino_Toshiki

桜井誠にいちばんダメージを与えたのが、慰安婦問題も、侵略戦争も、竹島問題も、ポリティカルコレクトのどうのこうのも、ぜんぜんなにも知らないK-POPファンの中高生の女の子たちの、「そんなこと言うのやめてください!日本人として恥ずかしいです!」という言葉だったとしたら、どうしようか。

Retweeted by 野間易通

retweeted at 00:26:16

http://twilog.org/kdxn/month-1302/allasc-15

b

野間易通@kdxn

「本性」だとかくだらない本質論ばっか言ってるからだめなんだよ。レイシストがつくった署名でレイシズムが抑制されて何の問題があるんやっちうねん。逆に痛快やんか。

posted at 22:20:58

http://twilog.org/kdxn/month-1302/allasc-25

c

野間易通@kdxn

もうとっくに出ています。いつもの人たちから。RT @Kino_Toshiki: 「朝鮮学校無償化反対の人がヘイトスピーチを許さない運動をするのを許さない」と同じ構図で、「一水会代表からの問題提起をうけて有田議員がヘイトスピーチ問題を国会で取り上げることを許さない」が出てきますよ。

posted at 11:37:18

http://twilog.org/kdxn/month-1302/allasc-25

d

M. Akao@royterek

日本国民の半分ほどが朝鮮学校の「無償化」に反対している。朝鮮学校の「無償化」除外をおかしいと考えている者の一人として、この現状には甚だ遺憾であり、憤慨している。しかしだからといって、その国民の半分をレイシスト呼ばわりするようなことを私はしない。そのような運動には勝算はあり得ない。

Retweeted by 野間易通

retweeted at 23:32:09

http://twilog.org/kdxn/month-1302/allasc-25

 

a)は「プラカ隊」の活動初日を終えての木野氏の所感であるが、木野氏らの活動は在特会会長である「桜井誠にダメージを与え」ることが目的であるのだろうか?植民地支配の歴史を知らずとも「普通のひと」の「普通の良心」をちょっと勇気を出して振りまけばヘイトデモに反対できるというメッセージが込められているのだろうが、これは日本のレイシズムの元凶を問わせずにヘイトデモ<だけ>に反対しようという呼びかけの効果を生むものである。これがレイシズムそのものを結局は維持するもの、つまり反レイシズム運動に至らないのは(b)および(c)から明らかであるように思われる。

b)(c)は朝鮮学校に通う者に対する「高校無償化」排除への賛同者が大阪のコリアタウンがある鶴橋におけるヘイトデモをやめさせるためのネット署名を展開した際に、批判がなされたことに対する野間氏の見解である。野間氏自身、これに署名しているが、ヘイトデモに反対という一点での協力を示しただけであり、呼びかけ人自身のレイシズムについては放置することを選択している。

d)もまた、このカウンター行動の特徴をよく表している。在特会に対峙する勢力さえ大きくなるならば、その中身がレイシズム政策を支持しようと問わないと宣言しているようなものである。

日本のレイシズムは、昔も今も、朝鮮人を特にその標的としているが、今日の朝鮮人への差別は日本による朝鮮植民地支配責任が放置されたまま、戦後も冷戦構造のもと一貫した朝鮮民主主義人民共和国に対する敵視政策の一環として日本国内の朝鮮人を弾圧してきた歴史的に構造化された差別である。彼らにとって「行動する保守」のヘイトデモが殊更に「眼前の暴力」として他よりも優先されるべきと判断されるのも、結局は彼らにとって目立つパフォーマンスだったということに尽きるのではないだろうか。「眼前な暴力とそれ以外」という仕分け自体が暴力を受ける当事者にとっては暴力的であることに自覚的であるべきである。このようなレイシズムの矮小化が批判されるのに対して、彼らの合言葉は「お前は何をやっている」であり、つまりは、自分たちはコストを割いて行動を起こしているのだから、批判する者もそれに見合った行動を果たしているべき、ないし提示すべきであるということであろう。しかし彼らがいかにコストを割いてヘイトデモに対峙しようと、その過程でカウンター行動内部が抱えるレイシズムは「しばき」の対象にならないのであれば、この運動は結局のところは日本のレイシズムを維持するために特に醜悪で目立つ在特会スケープゴートとして叩いているに過ぎないと評さざるを得ない。

 

(3)反レイシズム運動のためにナショナリズムは動員できるか

217日、在特会らのヘイトデモへのカウンターとして「仲良くしようぜ」などのプラカードを掲げた人々が沿道に並んだ光景をみて野間氏は「ナショナル・プライド」を感じたという。

 

e

野間易通@kdxn

延々と続く反差別プラカード。http://t.co/wJDJ1BI9 1940秒あたりから再生)いやー、本当にすごい。誇らしい。これこそナショナル・プライドだよ!

posted at 01:43:40

http://twilog.org/kdxn/month-1302/allasc-16

 

私には心底わからない。なぜ日本の根深いレイシズムの氷山の一角だけを削りとったからといって、自分たちも氷山全体の一部であることを無視してプライドなる言葉が出てくるのか。他の参加者たちの声も拾ってみよう。

 

f

久保憲司@kuboken999

こんな事をつぶやくと、叩かれてしまいますが、しばき隊をやっていて一番楽しいのは、子供の頃に夢見ていた秘密結社とかそんなのを、本当に色んな人とやれている感じが楽しいです。

Retweeted by bcxxx

retweeted at 17:56:19

http://twilog.org/bcxxx/date-130617

g

久保憲司@kuboken999

しばき隊かっこいいです。機動隊との攻防なんかいいす。機動隊もすごいいい動きしてます。レイシスト、押されています。この映像見てたら俺たち勝つんじゃないかと思えてきました。勝ち負けの話じゃないんでけど。でも、何か感動しました。http://www.youtube.com/watch?v=01bfn5yXv8#t=2m0s…

Retweeted by bcxxx

retweeted at 17:52:11

http://twilog.org/bcxxx/date-130617

h

bcxxx@bcxxx

日本のアンティファ、最高だよ。

posted at 19:41:05

https://twitter.com/bcxxx/status/347303011682512896

 

在特会の存在のおかげで誇りを感じたり、楽しかったり、さぞかし良かったですね、人の痛みを出汁に昂揚感を味わえるのはどんな気分ですか?と聞きたくなるが、実際に聞いてみると、途端に態度がつれなくなる。

i

bcxxx@bcxxx

今、何ひとつオモロくも楽しくもなくなったから、やめたるわ。

posted at 03:54:35

http://twilog.org/bcxxx/date-130619

j

bcxxx@bcxxx

オモシロネタ、か。楽しむ、か。クソ暑い中、重いトラメガ持って駆けずり回って、腐ったゴミみたいな奴らの汚い面 拝んで、逮捕の危険に身さらして、仲間が逮捕されて夜も寝れなくなって。プラカード作って、アレしてコレして。オモロいから、楽しいからやってたかもな あ。確かにな。

posted at 03:54:14

http://twilog.org/bcxxx/date-130619

k

bcxxx@bcxxx

ネトウヨはしばき隊にやる気なくさせたかったら、在日の人一人呼んできて、ちょろっとしょうもないこと言わせたらいいと思うよ。効果てきめん。

posted at 03:43:50

http://twilog.org/bcxxx/date-130619

 

玩具は玩具として持ち主には逆らってはならないのであろう。野間氏の「ナショナル・プライド」にしろ、他のカウンター参加者の抱く昂揚感あふれる恥ずかしくなるような言葉を読んでいると、これがまさに「日本人」の「日本人」による「日本人」のためのゲームであるということが伝わってくる。カウンター行動は日本の日本人中心社会の維持に努めてきた保守右翼勢力の参加も呼び掛けているが、その理由も納得である。

要は日本人中心社会のままの心地よさは絶対に譲らないということなのだろう。

 

おわりに

つまり彼らが呼びかけているのは反ヘイトデモではあっても、反レイシズムではないのであるが、一方で木野氏は「私は排外主義に反対しているのであって、桜井や在特会を特別に非難したいわけではありません」、「「排外主義」という思想に対して抗議をしたい」などと主張している。こうして反排外主義、反レイシズムと看板だけ大きく掲げ、実際には諸々のレイシズムによる暴力を許容し問えなくさせることで反レイシズム運動全体が後退の危機に陥っていくことを私は危惧する。

 

では、私たちは何をするべきだろうか?これは批判するのに当たっての「資格」を得るためではなく(そんな「資格」など誰も必要としない)、私たちは反レイシズム運動の在るべき姿を取り戻さなければならないのだ。在特会に反対するなど、どんな理由でも可能である。彼らの主張の内容そのものではなくパフォーマンスが「やり過ぎ」として反対することだって可能である。しかしそれは反レイシズムではない。排外デモへのカウンターという形態ではそもそも限界がある(それならそれで「反ヘイトデモ」とでも看板を変えれば別に問題はないと私自身は思うが、もちろんプライドやら昂揚感はお預けですよ)。私たちに必要なのは在特会のカウンターではなくて、むしろ在特会の方がカウンターに追われて新大久保や鶴嘴でヘイトデモを続ける余裕がなくなるほどの、反レイシズムの運動を仕掛けていく必要があるのではなかろうか。