読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「男(おとこ)」中心主義(ちゅうしんしゅぎ)に抗(あらが)って-ルビつき-①

野間(のま)易通(やすみち)()(@kdxn)は、ツイッター(じょう)で「レイシストをしばき(たい)(以下(いか)、しばき(たい))隊員(たいいん)募集(ぼしゅう)したあと、参加(さんか)希望(きぼう)した(ひと)に対して以下1.のような返答(へんとう)をしている。また、(かれ)がリツイートしたものを2.に引用(いんよう)する。

 

1.

@manic_insomnia女子(じょし)はだめです。あいつら女子(おんなこ)(ども)老人(ろうじん)集中的(しゅうちゅうてき)標的(ひょうてき)にしますんで。

2013(ねん)1(がつ)30(にち) - 5:59

https://twitter.com/kdxn/status/296618669671333888

 

2.

「しばき(たい)」に女性(じょせい)はご(えん)(りょ)みたいな発言(はつげん)(たい)して、マイノリテイポリティクス(てき)批判(ひはん)するツィートまであってのけぞった。平和(へいわ)ボケもいい()(げん)にしろ。ナチの突撃隊(とつげきたい)対抗(たいこう)してドイツ(どいつ)共産党(きょうさんとう)でも(しゃ)民党(みんとう)でも護衛(ごえい)部隊(ぶたい)()っていたが、そこに(おんな)子供(こども)がいたという(はなし)()いたことはない。

2013(ねん)2(がつ)1(にち) - 18:58 @Serpent_Rouge

https://twitter.com/Serpent_Rouge/status/297539429344632832

 

 在特会(ざいとくかい)(あいつら)が「女性(じょせい)」や()ども高齢者(こうれいしゃ)といった、(しゃかい)のなかで「弱者化(じゃくしゃか)」されたひとたちを行動(こうどう)のターゲットにする傾向(けいこう)にあるという認識(にんしき)のもと、(みずか)組織(そしき)するカウンター行動(こうどう)への「女子(じょし)」の参加(さんか)制限(せいげん)するという。また、2.は野間(のま)()発言(はつげん)ではないが、付言(ふげん)せずにリツイートしていることから、ある程度(ていど)賛同(さんどう)している意見(いけん)であると(かんが)えられる在特会(ざいとくかい)(たい)してナチスの突撃隊(とつげきたい)()()いに()しているが、それがどんな意味(いみ)()というのか。(たし)に、我々(われわれ)がナチス・ファシズムへの抵抗(ていこう)歴史(れきし)から(まな)べきことは(おお)いと(かんが)える。しかし、抵抗(ていこう)運動(うんどう)歴史(れきし)にも(かなら)(げん)(かい)(のこ)された()(だい)があるものであり、(つね)(あたら)しい(ひかり)によって評価(ひょうか)(こう)(しん)(つづ)けることによってこそ今日(きょう)への教訓(きょうくん)として()かされるべきである。ましてやナチの親衛隊(しんえいたい)による暴力(ぼうりょく)在特会(ざいとくかい)のそれとの(あいだ)相違(そうい)勘案(かんあん)することなく前者(ぜんしゃ)への抵抗(ていこう)運動(うんどう)無批判(むひはん)にモデル()するのは暴論(ぼうろん)である。ナチスの突撃隊(とつげきたい)武装(ぶそう)組織(そしき)であったし、在特会(ざいとくかい)(おこな)っている暴力(ぼうりょく)行為(こうい)とは程度(ていど)(ふく)(ちが)があるにもかかわらず、「ナチスの突撃隊(とつげきたい)」というおどろおどろしいイメージを導入(どうにゅう)することで、抵抗(ていこう)運動(うんどう)()(かた)そのものに抑圧(よくあつ)(この文脈(ぶんみゃく)では女性(じょせい)排除(はいじょ))が(しょう)じることに納得(なっとく)させようとするのは不誠実(ふせいじつ)である。事実(じじつ)として、ナチスに対抗(たいこう)するドイツ共産党(きょうさんとう)赤色(あかいろ)前線(ぜんせん)や、社会党(しゃかいとう)国旗団(こっきだん)において、直接(ちょくせつ)戦闘(せんとう)部隊(ぶたい)は「男性(だんせい)」のみで構成(こうせい)されており、「女性(じょせい)」は投石用(とうせきよう)(いし)()って(はこ)んだり()()をしていたという。より前線(ぜんせん)()ことが立派(りっぱ)であることだとは(おも)わないが、いわゆる「裏方(うらかた)」としての役割(やくわり)()()められたことについては、「女性(じょせい)」が抑圧(よくあつ)されてきた歴史(れきし)一部(いちぶ)として(とら)えるべきである。()(ごう)よく()()った(れき)()根拠(こんきょ)に「女性(じょせい)排除(はいじょ)正当化(せいとうか)するようなことは(ゆる)されない。「女子(じょし)」は自身(じしん)()けられたヘイト(みずか)抵抗(ていこう)する権利(けんり)()たないというのか。時代(じだい)限界(げんかい)(いど)()められた役割(やくわり)(おう)じるのではなく、「女性(じょせい)」たちが自分(じぶん)()めて(こう)(どう)してきた、抵抗(ていこう)主体(しゅたい)として()()がってきた(たたか)歴史(れきし)からこそ我々(われわれ)(まな)べきであると(かんが)える。