読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「男(おとこ)」中心主義(ちゅうしんしゅぎ)に抗(あらが)って-ルビつき-②

 抵抗(ていこう)が「危険(きけん)」であるからといって、その権利(けんり)(うば)ってしまうことがあってはならない。それは暴力(ぼうりょく)である。「男性(だんせい)」よりも「女性(じょせい)」が不当(ふとう)危険(きけん)にさらされやすいことは日常(にちじょう)であり、いつでも()こっていることである。そんな「危険(きけん)」が()たり(まえ)とされる、この日常(にちじょう)(いきどお)りを(かん)じるのだ。(たと)えば夜道(よみち)が「女性(じょせい)」にとって「危険(きけん)」であることが自明(じめい)であるとし、ただ(はや)()(かん)(かえ)そうとする「男性(だんせい)」の行動(こうどう)抑圧的(よくあつてき)である。「危険(きけん)」が平常(へいじょう)だとして、勝手(かって)排除(はいじょ)してくれるな。「危険(きけん)」である状況(じょうきょう)(あらが)おうとしない怠慢(たいまん)をもって、(だれ)かの抵抗(ていこう)する権利(けんり)剥奪(はくだつ)してはならない。

 

最大(さいだい)問題点(もんだいてん)は、桜井(さくらい)がおにぎりにガードされているところ。小柄(こがら)女性(じょせい)(たて)使(つか)ってどうする。この動画(どうが)は、桜井(さくらい)のクズっぷりを(あま)すところなく(つた)えている。RT@three_sparrows桜井(さくらい)昨日(きのう)のデモに()れたがらない()(ゆう)(ひと)かな。http://youtu.be/9W8I-rnzPrg

2013(ねん)5(がつ)12(にち) - 19:54

 

@kdxn(しん)大久保(おおくぼ)清水(しみず)がしばかれたときにも、(あら)ぶるカトテツを真っ先(まっさき)(からだ)()めようとしたのはおにぎりだった。(ひがし)神奈川(かながわ)でジョンや金子(かねこ)がボーッと()()ってたのとは対照的(たいしょうてき)彼女(かのじょ)献身的(けんしんてき)(ひと)なのだと(おも)。でも桜井(さくらい)みたいなヘイト(ぶた)は、()危険(きけん)(さら)してまで(まも)()()ないよ。

2013(ねん)5(がつ)12(にち) - 20:05

https://twitter.com/kdxn/status/333777216175501312

 

 これは、2013(ねん)5(がつ)11(にち)(ざい)(とく)(かい)デモでの様子(ようす)について野間(のま)()()べたものである。(だれ)(だれ)(たて)にしようと、(まも)ろうと、どうだっていい。野間(のま)()問題(もんだい)にしてるのは、(かれ)にとって「小柄(こがら)女性(じょせい)」が「本来(ほんらい)であれば(まも)られるべき存在(そんざい)」であるからである。

 「女性(じょせい)」は「(まも)られるべき存在(そんざい)」などではない。男性(だんせい)中心(ちゅうしん)主義的(しゅぎてき)社会(しゃかい)のなかで、「女性(じょせい)」はいつも「(まも)られるべき/(まも)ってやるもの」として存在(そんざい)することを()いられてきた。それは運動(うんどう)組織(そしき)のなかでも同様(どうよう)であり、「男性(だんせい)」が中心(ちゅうしん)(にな)い、「男性(だんせい)」の価値観(かちかん)手段(しゅだん)(もと)づいてすすめられる運動(うんどう)のなかで、「女性(じょせい)」は内助(ないじょ)(こう)(もと)められ、その主体(しゅたい)抑圧(よくあつ)されてきた。このような指摘(してき)社会(しゃかい)運動(うんどう)組織(そしき)内部(ないぶ)から()きて(ひさ)しいが、現状(げんじょう)はどうだろうか。「しばき(たい)」の「女子(じょし)排除(はいじょ)も、このような男性(だんせい)中心(ちゅうしん)主義(しゅぎ)・セクシズムからきているものであると(かんが)える運動(うんどう)において、組織(そしき)する人物(じんぶつ)のセクシズムに(もと)づいた(さい)(りょう)によって、(はい)(じょ)される(そん)(ざい)があってはならない。

 

 シングルイシューを(たか)らかに(うた)(はん)レイシズム運動(うんどう)」においては、上記(じょうき)のような抑圧(よくあつ)関係(かんけい)問題化(もんだいか)されないのだろうか。そんな運動(うんどう)(つく)()(らい)なんて、結局(けっきょく)一部(いちぶ)人間(にんげん)にとって都合(つごう)のいい社会(しゃかい)である。「女性(じょせい)」が自分(じぶん)たちで(かんが)えて(こう)(どう)する権利(けんり)(うば)な。いつまでも「(おとこ)」が()しゃばっている社会(しゃかい)なんて、わたしはいらない。