読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「~に救(すく)われる朝鮮人(ちょうせんじん)もいる」言説(げんせつ)について

朝鮮(ちょうせん)日帝(にってい)によって植民地(しょくみんち)統治(とうち)された(じだい)において、日帝(にってい)協力(きょうりょく)することによって(みずか)らの保身(ほしん)第一(だいいち)(かんが)えた朝鮮人(ちょうせんじん)残念(ざんねん)ながらいた。親日派(しんにちは)()ばれるものたちである。抵抗(ていこう)がときに()()()なる困難(こんなん)状況(じょうきょう)において独立(どくりつ)のために抵抗(ていこう)運動(うんどう)()(とう)じて(ころ)されていった有名(ゆうめい)無名(むめい)無数(むすう)同胞(どうほう)裏切(うらぎ)り、(おのれ)尊厳(そんげん)(ころ)してその()()きさせることを(えら)んだ親日派(しんにちは)(せい)(だれ)責任(せきにん)()るべきか(かんが)えるとき、それはまずもってその困難(こんなん)状況(じょうきょう)(なか)(つね)究極(きゅうきょく)の「選択(せんたく)()きつけた日帝(にってい)であり、そして、同胞(どうほう)裏切(うらぎ)ること(えら)()った親日派(しんにちは)自身(じしん)である。だからこそ大韓民国(だいかんみんこく)には親日派(しんにちは)日帝(にってい)協力(きょうりょく)して()財産(ざいさん)没収(ぼっしゅう)する(ほう)があるなど、()植民者(しょくみんしゃ)としての立場(たちば)からの歴史(れきし)清算(せいさん)(いま)だに現代(げんだい)課題(かだい)として(のこ)っているのである。

(ひるがえ)って日本(にほん)はどうであろうか。侵略(しんりゃく)最大(さいだい)責任(せきにん)(しゃ)である天皇(てんのう)ヒロヒト処罰(しょばつ)しなかったどころか天皇制(てんのうせい)維持(いじ)(つづ)けていること、その天皇(てんのう)による支配(しはい)称揚(しょうよう)する(きみ)()侵略(しんりゃく)象徴(しょうちょう)(はた)である()(まる)をそれぞれ1999(ねん)国歌(こっか)国旗(こっき)制定(せいてい)忠誠(ちゅうせい)(ちか)わせていること、植民地(しょくみんち)支配(しはい)という暴力(ぼうりょく)およびその(なか)でなされた数々(かずかず)犯罪(はんざい)行為(こうい)についての補償(ほしょう)拒絶(きょぜつ)(つづ)け、その加害(かがい)歴史(れきし)そのものすら積極(せっきょくてき)否定(ひてい)(つづ)けていること、それらの犯罪(はんざい)行為(こうい)ついて暴露(ばくろ)告発(こくはつ)する在日(ざいにち)朝鮮人(ちょうせんじん)運動(うんどう)弾圧(だんあつ)(つづ)けること、これらのことを(かんが)みるとき日本(にほん)はいまだに(だい)日本(にほん)帝国(ていこく)のままであり(つづ)けていると()わざるを()ない。

そしてこの状況(じょうきょう)のために当然(とうぜん)ながら現代(げんだい)においても親日派(しんにちは)()み出され(つづ)けている。現代(げんだい)親日派(しんにちは)とは具体的(ぐたいてき)にはどのような(もの)たちであろうか。それは日本(にほん)植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)克服(こくふく)させようと(あらが)(つづ)ける同胞(どうほう)()()けて、それを(つぶ)そうとする植民者(しょくみんしゃ)根性(こんじょう)()けない旧宗主国(きゅうそうしゅこく)マジョリティに加担(かたん)することで(みずか)らの安寧(あんねい)確保(かくほ)拡大(かくだい)させようとする(もの)たちである。そして、これら親日派(しんにちは)一見(いっけん)すると朝鮮人(ちょうせんじん)差別(さべつ)への反対(はんたい)(うった)えているようなポーズを()ることが往々(おうおう)にしてあっても、その実態(じったい)は「よりマシな主人(しゅじん)」を(もと)める以上(いじょう)のものではなく、そしてあわよくば(みずか)らもまた「名誉(めいよ)日本(にほん)(じん)」として抵抗(ていこう)する朝鮮人(ちょうせんじん)支配(しはい)する(がわ)につきたがるものである。

在特会(ざいとくかい)代表(だいひょう)されるような行動(こうどう)する保守(ほしゅ)らによる「過激(かげき)」な排外(はいがい)パフォーマンスから(まも)られさえすればよいと()わんばかりに、その(じつ)のところ日本(にほん)のレイシズムを維持(いじ)(つづ)けるということがもうとっくの(まえ)証明(しょうめい)されている日本(にほん)(じん)日本(にほん)(じん)による日本(にほん)(じん)のためのゲーム」である「しばき(たい)/プラカ(たい)」といったウンター行動(こうどう)レイシスト本当(ほんとう)にしばけるの???」http://kotokotonittei.hatenadiary.jp/entry/2013/08/01/181751)に()びついて(すで)にそこでなされてしまった様々(さまざま)差別(さべつ)行為(こうい)差別(さべつ)差別(さべつ)対抗(たいこう)してもいいの?」http://kotokotonittei.hatenadiary.jp/entry/2013/08/01/180858)に(たい)して()()れてしまった(もの)たちも現代(げんだい)親日派(しんにちは)である。この(もの)たちはカウンター行動(こうどう)中心(ちゅうしん)人物(じんぶつ)らがナショナリズム(あお)り、()(まる)(みと)めさせ、歴史(れきし)修正(しゅうせい)主義(しゅぎ)(しゃ)とすら()(むす)び、そしてそれらひとつひとつに(あらが)朝鮮人(ちょうせんじん)(たい)しては「ミンジョクの(はじ)」とすら()(はな)ことに(たい)して()()()りを()()むか、ましてや必死(ひっし)擁護(ようご)(まわ)ってまで媚態(びたい)()りまくそしてその(さい)(みずか)らが行動(こうどう)する保守(ほしゅ)らによる差別(さべつ)行為(こうい)被害者(ひがいしゃ)であるということをもってして、カウンター(がわ)(はっ)する差別(さべつ)行為(こうい)にある(しゅ)免罪符(めんざいふ)(あた)え、(みずか)らの加害(かがい)に「正当性(せいとうせい)」を(あた)えている。

さて、親日派(しんにちは)という()(かた)当然(とうぜん)否定(ひてい)されるべきものであると(わたし)たちは(かんが)えるが、一方(いっぽう)このような親日派(しんにちは)()()いについて(つぎ)のような(こえ)()こえる。

 

日本(にほん)(じん)がいまだに(かか)げてしまっている()(まる)朝鮮人(ちょうせんじん)反対(はんたい)(しめ)せないことを非難(ひなん)するのはおかしい

 

「カウンター(すく)われる朝鮮人(ちょうせんじん)当然(とうぜん)いる」

 

なるほど、旧宗主国(きゅうそうしゅこく)(みん)としてまずは自分(じぶん)たちこそが(いま)継続(けいぞく)する日本(にほん)帝国(ていこく)主義(しゅぎ)植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)解体(かいたい)させるべきという(かんが)えは当然(とうぜん)()つべきものであるだろう。また排外(はいがい)デモは(たし)かに(こわ)い、それをやめさせるための行動(こうどう)について(すく)われた朝鮮人(ちょうせんじん)がいるのは不思議(ふしぎ)なことではなかったかもしれないし冒頭(ぼうとう)()いたように親日派(しんにちは)という()(かた)もまた日帝(にってい)圧倒的(あっとうてき)暴力(ぼうりょく)のもとで()きつけられる服従(ふくじゅう)()かという究極(きゅうきょく)の「選択(せんたく)」において、ひとつの()植民者(しょくみんしゃ)()(かた)という()(かた)もあり()るのであろう。このように(こころ)()せる態度(たいど)一見(いっけん)すると(やさ)しくて、(おも)いやりに()ちているかのようである。

 

しかし、よく(かんが)えて(いただ)きたい。

 

もう一度(いちど)言及(げんきゅう)すると、在特会(ざいとくかい)(など)行動(こうどう)する保守(ほしゅ)らに反対(はんたい)(とな)たり、行動(こうどう)抑制(よくせい)阻止(そし)することで、それらから差別(さべつ)され暴力(ぼうりょく)にさらされている朝鮮人(ちょうせんじん)(すく)われた気持(きも)になることはもちろん否定(ひてい)しないし、(おお)いにありうると(おも)う。しかし、その()ウンター支持者(しじしゃ)らが、カウンター(がわ)による差別(さべつ)行為(こうい)無視(むし)黙認(もくにん)し、「カウンター(すく)われる朝鮮人(ちょうせんじん)」を用いてウンター(たい)する批判(ひはん)無効化(むこうか)しようとするならば、これらは「(すく)われる朝鮮人(ちょうせんじん)」を利用(りよう)しながら、差別(さべつ)補強(ほきょう)し、(みずか)らが差別(さべつ)()()すだけでなく、(すく)われる朝鮮人(ちょうせんじん)やたとえば新大久保(しんおおくぼ)()人々(ひとびと)差別(さべつ)()()すことを要求(ようきゅう)し、差別(さべつ)(いま)以上(いじょう)にひどくなる社会(しゃかい)(つく)ることを(ほか)ならぬ()差別(さべつ)(しゃ)要求(ようきゅう)することにならないか行動(こうどう)する保守(ほしゅ)らに反対(はんたい)するとき、差別(さべつ)行為(こうい)(はたら)かずにカウンターすることはできる。にもかかわず、朝鮮人(ちょうせんじん)が、行動(こうどう)する保守(ほしゅ)「のみ」に反対(はんたい)しその()ではなりふりかまわず差別(さべつ)行為(こうい)()(かえ)すものや歴史(れきし)修正(しゅうせい)主義(しゅぎ)(しゃ)とも()()み、その(もの)(たち)(おこな)う((とき)には(みずか)らも(おこな)う)差別(さべつ)排除(はいじょ)にある(しゅ)の「免罪符(めんざいふ)」を(あた)える。そのような()(かた)、たとえば「マイノリティの多様(たよう)()(かた)」として(かた)られていいのだろうか。

 

そしてまた、「日本(にほん)戦後(せんご)責任(せきにん)()たし、過去(かこ)清算(せいさん)しないといけない」主張(しゅちょう)しつつも、それが()たされていない現実(げんじつ)(まえ)親日派(しんにちは)という()(かた)をも肯定(こうてい)せざるを()ないものとして(かた)(もの)もいるが、いや、本当(ほんとう)にそう(おも)うのであればこそ親日派(しんにちは)という()(かた)多様性(たようせい)のひととして、ひとつの戦略(せんりゃく)として擁護(ようご)抵抗(ていこう)主体(しゅたい)としての朝鮮(ちょうせん)(ころ)されることへの放置(ほうち))することは(じつ)卑怯(ひきょう)態度(たいど)ではなかろうか。れは結局(けっきょく)のところ奴隷(どれい)(ぬし)奴隷(どれい)(たい)して「(まえ)たち奴隷(どれい)奴隷(どれい)根性(こんじょう)から()()さずに、よりマシな主人(しゅじん)(もと)めるのは当然(とうぜん)のことである」と()っているようなものではないだろうか(いま)まさに<抵抗(ていこう)する()(かた)としての朝鮮(ちょうせん)>を(ころ)(みずか)らを(しかばね)()(つづ)ているような朝鮮人(ちょうせんじん)(まえ)にして、その奴隷(どれい)であり(つづ)けようとする心性(しんせい)にいくら(こころ)()せようと、(わたし)たちにはそれが旧宗主国(きゅうそうしゅこく)(みん)困難(こんなん)さを(もっと)安易(あんい)(かたち)解消(かいしょう)させようといているのではないかとしか(おも)えないのである。

旧宗主国(きゅうそうしゅこく)(みん)として、(だい)日本(にほん)帝国(ていこく)という(いま)継続(けいぞく)する植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)()わらすに(いた)れていないことの責任(せきにん)(かん)なのか、または()()からなのか、それをまるで親日派(しんにちは)朝鮮人(ちょうせんじん)(たい)して「寛容(かんよう)」であることで(こた)えているつもりかもしれないが、(じつ)その態度(たいど)そのものが親日派(しんにちは)という存在(そんざい)依存(いぞん)することによって、この社会(しゃかい)にとって本来(ほんらい)存在(そんざい)してはならないはずの「許容可能(きょようかのう)なレイシズム」という(せん)()いているということ、またそれこそ植民地(しょくみんち)()から(つづ)日帝(にってい)による究極(きゅうきょく)の「選択(せんたく)積極的(せっきょくてき)ではないにしても肯定(こうてい)することにはならないだろうか。(わたし)たちは親日派(しんにちは)(あま)やかすなと()っているのではなく、植民地(しょくみんち)主義(しゅぎ)本当(ほんとう)()わらせるつもりがあるならば親日派(しんにちは)(あま)えてはいけないのではないか、むしろ親日派(しんにちは)という()(かた)積極的(せっきょくてき)否定(ひてい)することが必要(ひつよう)なのではないだろうか。もちろんその行為(こうい)には相当(そうとう)覚悟(かくご)必要(ひつよう)であるだろう。しかし、そのことこそが日帝(にってい)現在(げんざい)()(つづ)けていることの証左(しょうさ)であるだろうし、主人(しゅじん)こそ克服(こくふく)しない(かぎ)りこれからも日帝(にってい)()(つづ)けるだろう。

 

気前(きまえ)()主人(しゅじん)奴隷(どれい)が「仲良(なかよ)く」する(せかい)(いま)すぐ(つぶ)されるべきである。

 

 

コトコトじっくり煮込(にこ)んだ日帝(にってい)♪♪(レとファの八分(八ぶ)音符(おんぷ)